眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

魅力ってどうやったら引き出せる?眉こそ魅力を引き出すパートナー。

vol.3603

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

プロが見る魅力と
本人が感じる魅力
その誤差を埋めることが大切。

先日、眉スタイリングを
させてもらった方は
とっても可愛らしい方。

眉を伝える時に大切なのは
なりたいイメージを聞き出して
そのイメージに近づける
ってこと。

話を聞くうちに
どこかキリッと要素を
求めているのかな?
と感じたから

眉の微調整で
キリッと要素を入れてみた。

メッチャ喜んでもらえた。

魅力を深めようと思ったら
シンプルにかわいらしさを
前面に出してもいいけど

かわいらしさの中に
大人っぽさや上品さがあると
魅力はさらに深まる。

いろんな見え方するから
心のどこかで惹かれる。

今回
眉スタイリングをしてくれた
ナミさんに

どうやって
眉でキリッと要素を
足したかというと

ポイントはたった2つ
①眉の輪郭をハッキリさせる
②左右の眉の間隔を狭くする

最後にナミさんが
「明日も書いて欲しいなぁ」
ってつぶやいた。

本当はそうしてあげたいけど
一人ひとりが自らの手で
眉を描いて気持ちにスイッチを
入れることが出来たら

眉で伝えたい
「自分を信じて行動できる現実」が
叶えられるのに…

「眉を描くのが楽しい。」
「眉で人生が変わった!」
そう笑顔で答える人が
たくさんいる世界を広めよう!
改めて、そう思った。

んで、
それどうやるのって話だよね

さて、どうしましょ

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉毛に白髪が出来たら、真っ先にすべきこととは?

  2. メイクの流行を捉えることは、ハロウィンイベントにヒントがある!

  3. ちょっと待って。覚悟を決めなくちゃと思っているあなた。覚悟は決めるものじゃない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する