眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

自然な眉は自信を高める

vol.3305




眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。




眉を書いて
なかなか思い通りに書けないと
自分の不器用さに凹んだり




眉にコンプレックスがあると
眉毛を交換したい!!!と
感じる人もいて、さまざまです。






ここで、
眉の整え方や眉の書き方で
印象を変える方法を使って




いかに無理なく自然に
眉を変えていくのか?
これを考えていくのですが




実は
自然に眉の雰囲気を変える
というのは




あなたの”自信”にも
繋がることなんです。




今回は
眉と自信の関係性について
お伝えしていきます。




では今日も
眉で人生変えていきましょう♪

生まれ持ったもの



あまりも、
元の眉の形から外れて
眉を整えたり眉を書くと




メンテナンスが大変とか
不自然に見えるだけじゃなく




自分の眉を否定し始めます。




でも、眉の毛質って
そんなすぐには変わらないし




眉が生えて来る範囲も
生まれつきのことが多いです。




これは眉だけじゃなく、顔…




最後は
自分自身を信じられなく
なってしまいます。




なので
今あるものを生かす




これを大切にしています。




今あるものというのは
眉の生え方だけじゃなく
今ある技術でも
今ある道具でも




やってやれないことは無い!




そう思っているので
なんとか方法を探します。




先日、知人が
痙攣しながら倒れたそうです。




病院の診断結果は
脳腫瘍…




まだ30歳になったばかり
お子さんも小さいです。




どの程度の脳腫瘍なのか?
これから仕事を続けられるのか?
家族はどうするんだ…?




いろんなネガティブを
考えていると思います。




ぼくは、
そんな大きな病気を
したことがないので



同じ気持ちには
なれないのですが




どんなことが起きたとしても
仕方のないこと…。
これだけは言えます。
もう、過去には戻れません。




いろんな捉え方があるけど
”選ばれし者”なんだと思います。




ツラい、無念、絶望…
いまはそれしか思えないけど




病気でも何かの出来事でも
なにか意味はあるはず…と
感じて向き合うしかないです。




今から16年前
ぼくの母は自分で命を絶ち





「なんでこんなことが起きたの?」
「夢なんじゃないの?」
と思いながら毎日を過ごしました。




運よく、
気持ち的にも強くなり
いまがあるのですが




あの出来事を経験したから
感じれたものはたくさんあるし
伝えたい事、伝えられることも
この時の経験があるからです。







ツラい出来事が良かった…とは
喜ぶわけではないですが




経験したからわかることや
伝えられることがあるのも
間違いないのです。




何か意味がある…
今は、お先真っ暗で
無気力になっているかも
しれないけど




そこに向き合っている姿は
誰かのお役に立てる!
それは
あなたにしか出来ないこと!




なんで自分が…とか
俺の人生、何のためだった?
世の中には神も仏もいねぇ…




そんなことを感じて当然だけど
一旦ネガティブな感情を
すべて感じたら




そこに意味を感じてほしい!




必ず、誰かのお役に立てます!







ちょっと眉から
話はそれちゃいましたが




今あるものや状況は
否定したらキリがないです。




否定の沼にハマると
何をするにも
「どうせ無理…」って




良いことが遠くなっちゃいます。




いかに
いまの状況を好転させるか?




そのために何ができるか?




捉え方ですべてが変わります。必ず!




あの時の経験があったから…
そう思えるようになったら
自信がつき始めます。




ぜひあなたも
勇気をもって向き合う
少しの一歩を
踏み出してほしいです。


もし、
一人で出来る自信がなかったら
ご相談ください。





こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。




眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 流行りに乗りたくないわけじゃないけど、他人と同じはイヤ

  2. 眉を書くときのペンシル、アイテムは何を使ったらいいの?

  3. 「結局私にはどれが似合うの?」と思ったら次に起こす行動とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する