眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

感情は眉の形で伝わり方が違う

vol.3306




眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。



あなたは〇〇されると苦手…
ということはありますか?




ぼくは
相手の感情が読めないと
不安になります。



特にマスクをしていると
感情が変に伝わることや
ちゃんと伝わっているかな?って
不安になることってないですか?



実は
表情は豊かな方なのに
マイナスに取られてしまう人がいる



それって、もったいないというか
残念ですよね…。



今回は
どんな人がマイナスに
取られやすいのか?



そして
それを回避するために
どんなことをするべきか?



これについて
お伝えしていきます。



では、今日も眉で
人生変えていきましょう。



表情が豊かなはずなのに…?




表情が豊かなはずなのに
マイナスに受け取られるって
どういうこと?



って思いますよね?



なぜかというと
表情筋”が原因になっています





目の周りにある”眼輪筋”

おでこの”前頭筋”



この境目が
ちょうど眉のところになるのですが



筋肉の物ぶつかり合いで
えぐれたような眉に見える…



えぐれた眉って
怒っているように見えちゃう…

↓↓↓





表情筋が硬くなっているのは
調整できるのですが



表情筋が豊かなのを
動かさなくさせるというのは
良いこと何もないです。



なので
眉で調整していきます。



3つの方法があります。
まずは、えぐれ部分を埋める

↓↓↓



↑↑↑
眉が太くならないように
注意して少しずつ埋めていく



②次は
えぐれている部分を眉カット

↓↓↓



↑↑↑
一番、最短で変えられるけど
眉に角度が付くので
キリッと要素が加わる



③えぐれ部分と眉山
両方から攻める

↓↓↓



↑↑↑
手間がかかるけど
一番自然に柔らかい印象に出来る



これだけで
本当に変わります。




中には
いつもいろんなことを考えすぎて
眉間にシワが寄っている人は




顔輪筋が硬くなっています。



これは顔筋エクササイズで
柔らかくすることができます。
(継続が大切です)



顔筋エクササイズは
4月22日にテレビで紹介します。



4月22日の夕方5時くらいかな?
青森テレビの”わっち”という番組の
”わっちぺでぃあ”のコーナーに



コロナ禍のマスク美容…
というテーマで顔筋エクササイズと
マスクだからこそ眉で印象を変える



そんな企画にVTRで登場します。



ぼくは後半の眉を担当します。
(5分くらい)




男性のアナウンサーの
眉を借りて
眉を書きながら解説しています。



もう収録はしているので
どんな編集になっているか?
楽しみ…でも、




画面に映る自分を見るのは
恥ずかしい






顔の筋肉と眉で
あなたの印象を
少しでも好印象に伝えてほしい。



眉でこんなに印象が変わるなら
もっと出来ることがあるかも…



眉ひとつだけど
感じてほしい!
本当に違いますから



こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら




無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。




眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ギクシャクしていた父との関係が…

  2. 【動画あり】15秒で眉毛を変える方法

  3. 眉を書く時いつも迷うなら眉山と眉尻

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する