眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ナチュラルな大人な雰囲気はココを変える!

vol.3282

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

昨日は
オンライン眉レッスンでした。

オンラインなので
見え方が変わってくるのですが

画面の中でしか
あなたの印象は感じ取れないので
見られる印象
ってのは意識しちゃいますね。

オンラインが無くてもですけど
印象が変わったら
どんな自分になるんだろう
そんなことを
考えたことないでしょうか?

そして同時に
「…でも、眉で印象を変えるって
なんだか難しそう」
こう感じていつもの眉の書き方に
収まってしまう方が多いんです。

実は眉は少しの手間で
印象を大きく変えることができます。

しかも

自由自在に!

今回は
眉で印象を変える方法

そして
その際の注意点を
お伝えしていきます。

では今日も
眉で人生を変えていきましょう。

10秒で印象が変わる

今回のオンライン眉セミナーで
まさに、印象を変えるを
体験した方がいましたので

いただいたアンケートをもとに
紹介します。

今回ご参加して
アンケートを書いてくださったのは
”理系美容家かおり”さん

↓↓↓

アンケートの一番上は
受講前に悩んでいたことに
イメージ(印象)の変え方がわからない
と書いてくれています。

そしてセミナーを受けてみて

眉頭の
ちょい足し
すごい!

と感じてくださいました。

10秒くらいの
眉の書き足しで
印象が変わっていました。

印象っていうのは
眉山でも変えられるし
眉頭でも変わります。

眉山は意識しやすいのですが
眉頭っていじるのが
怖くないですか?

違う言い方をしたら
眉頭をいじるのが怖いから
眉頭のちょい足しで
変えることができます。

もしあなたが
ナチュラルな雰囲気を持ちつつ
眉を変えようと思ったら
1つで変えようとせず
2つの方法で眉を変えると良いです。

では
理系美容家かおりさんは
どんな眉頭ちょい足しをしたのか?

それは
眉頭の下に眉を書き足しました

イラストで解説すると…
【ビフォー↓↓↓】

【アフター↓↓↓】

眉頭の下に書くことで
眉に角度をつけて
印象を変えます。

【ビフォー&アフター比較】
↓↓↓

それでも
失敗が怖いという方がいると思いますので
次の2つを意識して見てください。

①三角形を書くようにする
(眉頭から眉尻にかけて
徐々に細くなるように)

②少しずつ幅を足していく

この2つがあれば
眉頭を書く失敗は防げます

枠を作るのではなく
少しずつ足して→チェック
→ちょうどいいところで止める

ちょっとの違いが
自然なんだけど
印象の違いを作ってくれます。

これが眉です。

昨日の自分より
今日の自分がちょっと好き
この感情を大切にしてみてくださいね♪

オンライン眉セミナーにご参加
ありがとうございました。

理系美容家かおりさん
理系の視点でわかりやすく
そして
情報に惑わされることなく
正しい化粧品知識を発信しています。

とっても笑顔がキュートで
想いと行動力が素晴らしい女性で
これからの活躍が楽しみです。

↓↓↓

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2つの意識で眉毛は書けるようになる

  2. 眉がムラになるのは、書き方に不安があるから

  3. 眉毛のワックス脱毛。メリットとデメリットを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する