眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

なぜ眉毛が生えて来るか知っていますか?眉が存在する3つの理由。

vol.3518

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

ここ最近、眉の需要は
どんどん大きくなっていて
今朝も眉の特集を
テレビで放送してた。

そもそも眉って何なのか?
改めていろんな観点から
考えてみた。

ここ最近
雨は降るものの
朝は天気が良く

リビングの窓から
ちょうど太陽の光が
差し込んでくる

この時よくわかるのが
空気中に舞うホコリ
太陽の光に反射してキレイw

布団なんかはもっとだよね。

眉は空気中を舞うホコリとも
関係が深くて

①眉毛は目を守る防衛柵

大切な目を守るために
眉毛が少しでもホコリを
キャッチしてくれる。

これはまつ毛も同じ。

体の毛には
毛周期というものがあるけど
髪の毛で4~5年

でも
眉やまつ毛は6か月で
生え変わる

諸説あるけど
毛周期の違いは眉が抜けても
すぐに生えて来るように早い
ってことがある。

体を守るためだから
眉を抜いても抜いても
しぶとく生えて来るのは

キミの目を守るんだ!という
必死さがその”しぶとさ”なのかも
知れないと思うと
・・・ちょいと切ない。

他には
眉の形にも影響してくるけど


②眉は表情として
感情表現の一つになる。

いま、マスク時代に眉がアツい!
とされているのはココ

コミュニケーションは
言葉だけじゃなく表情として
感情表現するんだけど

口角が上がっていたり
口角が下がっているだけで
言葉の意味が違って感じるのに

その口元が見えない。

だから
相手の感情を感じるには
目元でしかないんだよね。

マスクの下は微笑んでいても
目元は眼力がハンパない。

「あれ?怒ってんの?」って
相手に受け取られても
仕方がない。

接客業の人なんかは
このあたり、大切だよね。

清潔感は当然大切だけど
話しかけられやすい雰囲気は
もっと大切。

そして
もう一つ大切な眉の存在は
③自らの手で
印象を変えられるパーツ

ということ。

骨格は整形しないと
変えられないけど

眉は全体の雰囲気を
変えることができる。
しかも自由に。

気分を変える時って
いろんな方法があると思う。

旅行に行く
買い物をする
サウナに行く

でもね
すぐに出来ない時も
あるんだよね。

だから
すぐできる気分の変え方は
知っておいて損はない。

イヤホンで音楽を聴くとか。
イメトレをするとか。
眉を描くとか。

何か感情を変えるには
感情だけじゃなく
行動も一緒にした方が
断然、変えられる。

いい意味で脳をだます。

脳科学でも言われている
ルーティンとかだよね。

印象を変えて
感情も変えて
行動に変える。

それを
自分自身で出来るってことに
大きな意味がある。

自己実現の欲求を
自ら達成する。

今日は無性にお肉が食べたい!
ちょっといいお肉の塊を
買いに行くのだ!

賞味期限が近くなって
半額になっていないかな?

これは、ただの欲の塊だね

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【検証】富士山を眺めながら得る?もの、得た?ものとは

  2. 短所が無くなった、ひすいこたろうさんの本とSHOGENくんとの出会い

  3. めっちゃ嬉しいご報告!目の前のことをまずはやってみる。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する