眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

太田母斑がある場合、自然に眉を書くにはテクニックは必要ない

vol.3419

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日、ちょっとした理由から
腕に”タトゥー”入れてみました。

というのもこれは

ジャグアタトゥーと言って
果汁由来のインクで
皮膚表面を染めているので
2週間くらいで消えるタトゥーです。

ところがこの後
大いにやらかします

インクが乾くまで2時間ほど
放置するのですが
2時間もすると触っても
ベタベタ感が無く

ちょうど
人と会う約束もあったので
着替えて出かけたのですが

すっかり
ジャグアタトゥーのことは忘れ

全国的に熱中症アラーム…汗をかく
長袖の中で汗とインクが
ケミストリーして暴れまくり

結果・・・

Oh.No~

霧がかかったように
なってしまったw

これを見て
真っ先に感じたのが
太田母斑という先天性の”あざ”

青みがかっているので
ファンデーションで
消そうと思っても
ほとんど消えません。

なので
かなり黄みの強い
コンシーラーを使って
消すというより
ごまかした方がいいんです。

太田母斑というのは
目の周りに出来ることが多いので
当然、眉の周りにも出ます。

完全に消そうと思うと
カバー力が強く
黄み寄りのコンシーラーを使うと

眉毛を書いた時
眉の色が強く出てしまって
印象として強く感じたり
張り付けたような眉に見えます。

眉毛の書き方が下手だから…
そう落胆するかもしれませんが
そんなことありません。

あるものを使うだけで解決します。

それが
アイブロウブラシです。

アイブロウブラシと言ったら
パウダーアイブロウを使うの?と
思うかもしれませんが

ペンシルアイブロウを使っていも
アイブロウブラシを使うことを
おすすめします。

それにはちゃんとした理由があって
自然な眉を書くためには
眉の輪郭が重要になってきて

そのために
眉の輪郭はグラデーションさせます。

眉をパウダーで書こうが
ペンシルで書こうが
輪郭にグラデーションをかけるために
ブラシでなぞってあげます。

生まれつきのアザは
カバーすることで
その人が前を向けるなら
良いです。

ありのままでいたとしても
眉を書くことで
理想の印象に近づけて
現状を認めてあげられるであれば

それはそれでOKです。

要は、あなた自身の感情を
認めてあげる、許してあげる。
これも眉を通じて出来ることです。

ジャグアタトゥーをしてから
気が付きました…。

サウナ、入店拒否される?

【眉セミナー開催情報】

*************

◆8月11日(水)・12日(木) 各10時~
【テーマ】
・時間をかけずに眉を書くコツ

◆8月16日(月)・17日(火) 各10時~
【テーマ】
・接客業のための眉の書き方

◆8月23日(月)・24日(火) 各10時~
【テーマ】
・印象を変える眉テクニック

*************

各日程、セミナー時間は30分。
参加は無料。
男女関わらずご参加できます。
耳だけ参加も歓迎します。
何度参加してもOKです。

このブログを読んでくださっている
あなたが参加してもOKですし
ブログをシェアしてくださったら
ものすごくうれしいです。

参加ご希望の方は
この問い合わせから
↓↓↓
info@mayusomurie2020.com

「お名前&〇月〇日の眉セミナー参加希望」と
メッセージをください。

前日にzoomのURLを
お送りいたします。

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 女性が思うメイクと男性が思うメイクの溝は埋めることが出来るのだろうか?

  2. 人見知りでもコミュニケーションを気軽に取れる人になる方法

  3. いきつけのお店がここ一番でカギになってくる!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する