眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉がなじんでいないように感じる

vol.3316



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です。



どんな印象になりたいですか?



パッと思いつくのは
柔らかい印象
(キツくない印象)



そう教えてくれる人が
割と多いです




あなたは
柔らかい印象を作ろうと思ったら
まずやってみようと思うことは
なにですか?



眉を書くなら
少しでも理想の印象に
近づけていた方がいいですけど



勘違いして捉えていて
逆効果にさせてしまっている人も
実際にいます。



そして
形を変えるのは難しいか…と
諦めている人がいるのも事実です。



今回は
柔らかい印象にするために
形ではない所から
アプローチする方法と



やってしまいそうな
失敗パターンを例に
内容をお伝えしていきます。



では、今日も
眉で人生変えていきましょう。



眉で印象を変えて見せるには




簡単に印象を変えられるのは
眉の色
です。



「そんなのわかっているよ…
それが出来ずに困っているんだよ」
と思ったかもしれませんが



眉の色選びを意識したのに
不自然な眉になってしまうのは
あるポイントを忘れています。



黒と茶色なら
茶色い方が柔らかい印象ですよね…



なので
ペンシルアイブロウや
パウダーアイブロウを選ぶとき
明るい色を選ぶ。



なのに
な~んか、なじんでいない気がする



これは、
すごく惜しいところまで
来ているんです。



なじんで見えないのは
書いた眉が
明るすぎるからです。



眉が濃い人ほど
眉の印象を柔らかくしたいと
思うのですが



眉が濃いということは
黒のインパクトが強い…
ってことです。



そこに、
柔らか印象にしたいから
と言って



明るい茶色で書くと
元々生えている眉の黒と
書いたところの茶色が



ハッキリし過ぎてて
なんだか顔に
なじんでいないように
感じてしまうのです。



印象を柔らかくしようと
思ったときには



茶色を使うのは良いのですが
元々生えている眉に
近い範囲での茶色



これが
あなたになじむ眉を
作ってくれます。



黒よりは茶色い方が
柔らかい印象



これは間違っていないのですが
あなた自身を無視してしまうと
似合っているのか疑問…と
なってしますのです。



例えば
ぼくのような剛毛な人が
ヘアカラーを明るくして
印書を軽くしようとしたとします。



頭だけを見れば
柔らかくなっても
全体を見たとき



髪は明るいけど
・眉が濃い
・目のインパクトが大きい
・ヒゲが濃い



…というように
全体を見てあげると
なんか違和感を感じたりします。



特に眉は
毛の色が隣り合わせなので
わかりやすいです。



元々の眉を脱色や眉マスカラで
明るくするか?


ペンシルやパウダーを
ダークブラウンにして
元々の眉の色に近い範囲で
明るく見せるか?



方法はいくつかあります。



さらに
眉は色以外にも
眉の形があります。



眉の形といっても
もう少し細かく分けると
眉の角度と眉の太さです。



まずは色選び
さらに余裕があれば
角度・太さでどう違って見えるのか?



眉を書いて
疑似体験するのが出来るのも
眉の魅力です。



今はコロナで
百貨店のメーカーさんでは
タッチアップすることができません。



町の化粧品専門店は
感染対策をしながら
眉を書くお手伝いもしているので



コロナウイルスが落ち着いたら
色・角度・太さの違いを
体験してみると良いですよ♪



いろんな意味でも
コロナ終息してほしいです。



こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 肌に触れることはいいこと悪いこと?

  2. この言葉には、めちゃめちゃ勇気をもらいました。

  3. 東京マラソンで損する人得する人

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する