眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

タレ眉・下がり眉を変える意外な3つの方法

vol.3365

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

先日の
結婚式前撮りの余韻が
まだ続いております。

ドレスによって
印象を変えるのですが
表情として影響力のある眉

すべてで眉を変えました。

眉を整えていたら
すっぴん眉の状態が
下がりぎみな眉になっている事って
ありますよね?

下がり眉自体は
悪いことではなないですが
見せたい印象と
一致しているか?
これが大切になってきます。

先日
オンライン眉レッスンでは
長年、下がり眉(垂れ眉)で
悩みを感じどうにかしたい…

そう感じていた方が
オンライン眉レッスンで
変わることができ
眉が作る世界観を知ることで
見える世界が変わった…

このように
体感してくださった方がいます。

今回は
下がり眉(垂れ眉)の印象を
どのように変えるのか?
いくつかの切り口でお伝えします。

では
今日も眉で人生変えていきましょう♪

タレ眉を変える


オンライン眉レッスンを
受けてくれたのは
埼玉県在住の”小出 咲”さん

↓↓↓


アンケートご記入と
掲載のご許可ありがとうございます❣

どんなに自分で頑張っても
タレ眉が治らなかったのに
理想のキリッと眉に
なれました 

コツは全体と個別の見え方
この両方を考えます。

全体というのは
どこでタレ眉に見えているか?

そして
個別の見え方で言うと
眉頭・眉山・眉尻

どんなに頑張っても
タレ眉が直せない場合
眉頭にポイントがあります。

眉頭の位置が高いと
眉尻が下がって見えます。

なのでその時は
眉尻の長さを切る
という方法もあれば

眉頭の下の眉を書いてあげる
って方法もあるんです。

眉頭の下に眉を書くときも
眉頭の下にだけ
書き足すのではなく

なじませるように”三角”を
書き足していきます。

↓↓↓

さらに、
眉山の”角”を濃くする

たったこれだけでも
眉の角度が付いて
印象はキリッと見えます。

タレ眉と言ったら
眉尻が原因に感じそうですが

対策は
眉尻だけじゃなく眉頭からも
アプローチできます。

眉を書けるようになる…!
これは、「書けて嬉しい」
だけにとどまらないのが眉です。

眉毛が変われば…

次に起こるのは感情です。

よく、感情の違いで
見える世界が違う…って
言うことありますよね?

小出さん、この日のことを
インスタに乗せてくれました。

↑↑↑
うれしいぃ~❣

お子さんからの手紙をもらうのは
誰だって嬉しいですが

その感度が深くなっているのが
文章からも伝わってきます

心が潤ったら
やっぱり見える世界も
変わってみえるし
行動も変わります。

これが
眉を書けるようになる
本当の意味です。

リアルでは空気感を
感じることができますが
オンラインでも伝わって
本当に良かったです。

たかが眉…
そう思うかもしれませんが
されど眉です。

眉ですべてが変わります

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 信頼出来る情報の判断とは…

  2. あなたの『美学』がわかれば生き方が変わる。

  3. 太宰府天満宮には空気を変える力があった。その後の眉レッスンが泣けた。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する