眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

情報がたくさんあると眉が書けなくなるんです

vol.3344



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です



ブログを毎日書いて9年なりましたが

いまだに2〜3時間はかかります。
内容が浮かばないない時はもっと…。。。



1万時間の法則と言って
一流として成功するには
一つの分野に練習・努力・勉強が
1万時間必要と言われます。






ブログを書くのに
1回3時間かかったとして



1万時間を割ると3,333回…うん。長い。



もっと効率的な方法が
あったのかも…と思うと



…まぁ、あるのかもしれないけど
深く考えると
過去を否定している感じになるので
止めておきますw



毎日自分の文章を見ているから
変化は感じないようですけど



文章構成だったり、
もっと伝わる方法はないか?と
考えている時点で
成長はしていると感じます。
(そうだと信じたいw)



ただ、
間違いなく言えるのは
昨日今日で出来ることじゃない
って事です。



眉の書き方を伝えるとき
どれくらい時間をかけて
書けるようになるのか?



最低でも眉だけに
1時間半〜2時間はかかります。



メイクレッスンを始めた頃は
全体のメイクレッスンで約3時間
その中の一部として
眉を伝えていました。



今、振り返ってみると
数十分で眉を説明していたのですが
何を伝えていたのか
ハッキリ覚えていません。



覚えているのは
自宅で書けるようにしたのではなく
眉の解説を一方的に伝えていただけ



そう感じたのは覚えています。
きっと伝えることで自己満足して
終わっていたんだと思います。


その後も
メイクレッスンを続けていくうちに

メイクレッスンとは
伝えて終わりではなく

自宅で一人で書けるようになるまでが
メイクレッスンだ!と
レッスンの理想を掲げて
徐々に今の形になっていきました。



眉の情報を知ることは
たしかに勉強になるのですが
情報が増えすぎると



結果
「結局、どの眉の書き方をすればいいの?」と
迷ってしまいます。



一人で眉が書けるようになるには
あなただけの眉の書き方を
知ると良いです。



その人によって
眉の生え方に癖があります。



例えば
・眉山の生える場所
・眉頭の毛が伸びやすい
・眉山の下がえぐれている
など



ポイントは人それぞれです。



メイクレッスンでは
なりたいイメージを一緒に振り返って



その人だけの
眉カットのポイントや
眉を書くポイントを作っていきます。



以前、眉レッスンをした時に
参加してくれた方が
話していたのですが



レッスンを受ける前は
眉に2時間もかけるのか?と
思ったけどやってみたら納得

眉だけなのに
意識することがあって
頭がいっぱいです。



と教えてくれました。



それだけ
眉が書けるようになるには
理論が詰まっているのですが



あなたの眉に必要な理論がわかれば
後は簡単に書けるようになるのです。



眉が書けるようになれば
表情だけじゃなく
感情も変わります。
感情が変われば行動も変わります。



その前向きな行動が
あなたの人生を
変えてくれますよ。



こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉カットハサミの刃先がカーブしているのはなぜ?

  2. 世界一シンプルな成功の法則

  3. 眉が書けない人が考える事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する