眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

時短で眉を書くための秘訣

vol.3330

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

眉を書くとき
土台になるすっぴん眉が
ある程度理想の形に近いと
眉は書きやすくなることは
わかっているのですが

その眉の整え方が
よくわからない…
失敗しそうで怖い…
という声をよく聞きます。

眉を整えるコツを知っておくと
眉を書くときに
書きやすくなるのですが

そのコツを知らずに
整えている方も多いのも事実です。

今回は眉の整え方を
改めて知って手早く
眉を書いてしまおう!

そのための
似合う眉を作るための
”眉の整え方”
お伝えしていきます

では、今日も眉で
人生変えていきましょう♪

ハサミ・カミソリ何で整える?

質問ですが
あなたは眉を整えるとき
何を使って眉を整えていますか?

・眉コームと眉ハサミ
・カミソリや毛抜き
・顔そりのついでに整えてもらう

いろいろな方法がありますが
どれで眉を整えても
不正解ってことはないです

先日、津軽富士と言われる
岩木山を見渡せるところで
眉レッスンでした。

アンケートを書いて下さった
M・Yさんは元々
すっぴん眉の形に自信がなく
「上手く眉が書けない…」

そんなお悩みをお持ちでした。

「眉の形に自信がない…」
この意識が強いと

どうしても眉は上手に書けない
と思い込んでしまったり
苦手意識を感じてしまいます。

苦手と感じるということは…

眉で表情が変わる楽しみが
まだまだ残っている!
ってことです。

そんな時こそ
まずは眉の土台を
意識的に作って

眉を書き足すところを
最小限にする
ってことが良きです。

では眉を整える時
何を基準にするかというと

あなたがなりたいイメージを
考えてあげることです。

これが無くては
眉を整えたのに
眉を書くのが
大変になってしまいます。

例えば
キリッとした印象を
少し足してみたい♪
という願望があるとします。

その場合、カミソリを使って
眉頭から眉山までを
カミソリの刃のストレートを利用して

直線的にしてあげます。

では
柔らかい印象にするためには
ストレート眉とアーチ眉だったら
アーチ眉の方がいいですよね?

その時に
カミソリで整えてしまったら

なりたいイメージと
仕上がりの形が
変わってしまうのは
なんとなくわかりますかね

そして
眉尻はムダ毛がたくさん
どの眉を取るか…

この時の基準は
眉尻と目尻を平行にするように
眉のムダ毛を取っていきます。

完璧じゃなくても
ほぼ平行になってる♪
程度で良いので
目安をつけて整えるです。

ココまで眉の土台ができれば
眉尻の長さを書き足して
眉の色ムラを無くせば
眉が完成です。

眉を書くには
なりたいイメージがわかるからこそ
眉の書き方や整え方がわかります。

眉レッスンを受けてくださった
M・Yさんは最後の乾燥に

「自分の眉が好きになった」
と書いてくれました。

めちゃくちゃ嬉しいです。

昨日の自分より
今日の自分がちょっとでも
好きになれたら

そこから意識が変わります。

「もっと自分の感情に
素直になってもいいんだ」

「もっと自信を持ってもいいんだ」

「分け目を広めにして
眉を見せてみようかな」

↑これです!これなんです!

この感情を引き出したくて
眉の書き方や整え方を
伝えています。

あなたの人生を
ぼくが変えることは出来ないけど

眉を通じて
変わるきっかけを作ることは
いくらでも出来ます。

大切な人を
守ることができなかったから…

もう、同じことで
苦しむ人を見たくないから…

だから
眉で変われることを
伝えています。

これから出会う理想のあなたに
眉ソムリエが眉を通じて
ご案内してまいります

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 猪木は天国に行っても燃える闘魂は生き続ける理由。

  2. 過去は変えられない…というのはウソ。

  3. 眉を太くするための書く場所とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する