眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

人生が変わった1冊の本。その人が作る映画が気になる。

vol.3866

先日、LGBT講演家の
藤原 直さんが青森に来た。

4泊5日の青森で6回の講演…!
めっちゃハードスケジュール(笑)

最後の講演も終わって
飛行機までの時間を青森観光。

青森ねぶたを見たことが無いみたいで
ねぶたの家ワ・ラッセへ。

ここ2か月で5回目くらい
いろんな県外の人と
ワラッセに来るんだけど

みんな着目するところが違って
本当に面白い。

直くんが着目していたのが
『ねぶた師の軌跡』。

どんな思いで
ねぶたを制作していたのか?
という想いや

どんなことをした人のなのかを
紹介する展示。

何も知らずに
ねぶた師の作品を見るのと

ねぶた師のモットーを知ってから
作品を見るのでは
確かに見え方が違ってくる。

この時感じたのが
どんな作品なのかよりも
どんな人が作ったのかで
意味が変わってくる
ってこと。

その時の題材にかける想いだったり
ねぶたそのモノにかける想いだったり。

年を重ねるごとに
想いに共感していく自分がいるんだけど

映画でも
どんな映画かより
どんな人が作ったのかに
興味が湧いてきた。

気分爽快にしたいときは
メジャーな映画が良いけど
改めて何かを考える時は
答えのない考えさせられる映画を見る。

いま、見たいと思っている映画は
『30(さんまる)』という映画。

これには大きな理由があって
『30(さんまる)』を制作した人が
ぼくにとって
大きな転機を与えてくれた人だから。

製作は
『鈴木七沖(すずき なおき)』さん。
本の出版の編集者さんで

斎藤一人さん
喜多川泰さん
崔燎平さんの出版に関わっている人。

それだけでもすごいけど
ぼくにとって転機となったのが
「妻が願った最期の七日間」を
世に出してくれたのが
編集に携わった七沖さんだってこと。

妻が願った最期の七日間を見たとき
雷に打たれる感覚ってこれなんだ!って
思うくらい本当に衝撃的だった。

いままでは
経営理念を作ろう!
現状に甘んじるな!
目的と目標を掲げ
足りないものを埋めていく!

そんな感じに
無いものに目を向けて生きて来た。

だから
周りはみんな敵。ライバルだらけ。

上を見れば足元にも及ばないし
周りを見れば
すごい勢いで追い抜かれていく。

幸せな人生を歩みたい!と
願っていたのに
いつも満たさず
周りに妬みを感じながら生きて来た。

そんな時に
『妻が願った最期の七日間』を目にして

「なんだ…
 幸せってすぐそこにあるじゃん。
 もうすでに手にしているじゃん。」
って思った。

先日、午前3時の手帳会で
鈴木七沖さんがゲストで
来てくれると聞いて
楽しみにしていた。

長年の編集者として
多くの人や世の中を見てきた七沖さんが
作っている映画があると聞いて
めっちゃ興味が湧いた。

阪神大震災の頃に生まれた30代。
その30代がどんな価値観で
暮らしているのか?

そして、
人口減少が免れない今後の日本を
知るため映画を撮ってみたくなった。
って言っていたけど
(詳しくは予告編の概要欄へ)

七沖さんが
「映画を作りながら思った事がある。」と
教えてくれた言葉が深かった。

「俺ら世代も、もう一回
 何かをやってみたいと思えた」って。

若者に任せた…ってだけじゃなく
七沖さん世代の
50代後半~60代が
これまでの人生で培ってきたもので

日本という国を
どうにかしていきたい!
より良くしていきたい!
という気持ちが
メッセージから使わってきた。

どんなことをするかより
誰がそれをするのか?
その想いを大切にしている人と
これからも関わっていきたい。

映画は現在4カ所で
放映が決まっているから
行くよ~って方がいたら教えて~☺

感想を聞いてみたい。

【全国4都市お披露目上映会、決定!】

神戸
【開催日時】
11月19日(土)
開場11:00 開演12:00 
終演16:30
【会場】 ステージ・フェリシモホール
兵庫県神戸市中央区新港町7番1号
StageFelissimo 1F

東京
【開催日時】11月25日(金)  
開場17:00 開演17:45 
終演20:30
【会場】 東京ウィメンズプラザホール
東京都渋谷区神宮前5-53-67

名古屋
【開催日時】12月10日(土)  
開場11:00 開演12:00 
終演16:30
【会場】 ウィンクあいち 小ホール
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4−38

横浜
【開催日時】12月18日(日)
開場11:00 開演12:00 
終演17:00
【会場】 横濱 中華学院 体育館
神奈川県横浜市中区山下町142

〈4都市お披露目上映会 お申し込みはこちら↓〉
https://30sanmaru.com/product/30-ticket/

 

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 三歳児の女の子にヤケド。親子の問題よりも重要な問題。

  2. 雰囲気は1分あれば、簡単に変えられる!

  3. 男の眉を書く。使用するアイテムの良さを存分に発揮させるためには…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する