眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉毛のところにシミがある…さて、どうします?

vol.3331 



眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です



ぼくの右頬には

ハート型のシミがあるのですが
形が形だけに愛着があります。



でも、中には
眉の部分に小指くらいのシミがあって
眉を書くのを邪魔しちゃう…
そう感じる方もいます。



それだけで眉を書く気持ちが
無くなる人もいるのですが、
何か最適な方法はあるのでしょうか?



眉の部分にあるシミは
コンシーラーで消してから
眉を書けばいいのか?それとも…



これをお伝えしていきます。



はじめに言っておきますが
面倒な事は
なるべく避けたいタイプです。



では今日も眉で
人生変えていきましょう!



シミは消さない、隠さない




まず、眉に限らずですが
シミがある場合
印象って違いますよね。



多くの人は
シミを無くそうと思います。



・シミ対策のスキンケア
・シミのレーザー除去
もしくは、
・コンシーラーで隠す



ただ、元化粧品店として
肌のくすみを取って
明るくすることはできても
シミってなかなか消えないです。



そして、
継続的なケアが必要です。



眉の周りにシミがある場合



シミは消さなくていいです!
隠さなくてもいいです!



シミから目と意識を奪うんです!



どういうことかというと



「眉のところにシミがある…」と
周りに気づかる前に



眉がキレイな人…とか
眉を通じて全体の雰囲気から
美意識が高い人だ!と
目や意識を奪うんです。



あなた自体から
器の大きさや力強さを感じたら
「シミはあるけど、それよりも
すごくきれいな人」



どうです?
同じシミでも
意味合いが違ってきますでしょ?



コンプレックスの付き合い方

コンプレックスって
考えれば誰だって一つはあります。



コンプレックスを何とかしたい!
その気持ちもわかります。



アンチエイジングで
シミ・シワが無い方が良し
とされいている中
あえて伝えたいのですが



シミ・シワに関しては
シミやシワが悪いわけじゃなくて



シミやシワが悪い!という
イメージを持っていることが
多くのものを見失っています。



魅力的な人は
シミやシワが無いでしょうか?



見た目以上に
その人の話し方や考え方
立ち振る舞いなど



その人の内面にも
必ず魅力があります。



アンチエイジングが
意味ないとは思いませんが
エイジングの良さもあります。



表面的なことだけで
判断するではなく



その人の考え方や
これまで過ごしてきた
エピソードを含めたすべてで
見る(感じる)



シワだって
シワがあるから表情が豊かに見える



コンプレックスだけに
目を向けることが
美容の正解ではない。



そう思っています。



コンプレックス改善のために
楽しみながら出来るなら
むしろいいですけどね



コンプクレックスだけじゃなく
あなた自身の価値観に
目を向けてみると
ココロに余裕が出来るんです



こういった

眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 美容の仕事の本質は美しくするためではない。

  2. 眉の書き方を変えると時間がかかる…。

  3. 同業者・ライバルに対する眉ソムリエの向き合い方。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する