眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

無事にテレビ出演してきました

vol.3313



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です



昨日、4月22日は
マスク着用による
美容のお悩み解決の
解説者の1人として
テレビの中に映ってきました!



男性アナウンサーが
困った犬?に見えるらしいので
その印象を変える!



というミッションで
出演したのですが



こういった
印象を変えるのは男性だけじゃなく
女性でも同じことが言えます。



ポイントになるのは
”眉頭から眉尻にかけて
だんだん細くなる眉にする”
ってことです。



そのためには方法が2つ!



1つ目は
眉をカットしてあげる



…ただし
眉をカットするということは
カットした後が青くなったり
メンテナンスが大変なことがあります。



なので
もう1つの方法で
眉頭の上に眉を書き足す
という方法です。



眉頭って
触るの怖くないですか?
「失敗しそう…」とか
「太くなりそう…」とか
思いますよね?



でも、その眉頭だけで
印象って変わるんです。



失敗しないためには
少しずつ書き足す
(少しずつ太くしていく)
です。



番組では
画材用のエボニー鉛筆を
紹介しました。



エボニー鉛筆は
色がグレーなのでなじみやすい。



なので
眉を書く土台にするには
とてもいい仕事をしてくれます。



エボニーで土台の眉を作る

ペンシル/パウダーアイブロウで
全体を仕上げる



すると
自然な眉は作れます♪



…とはいえ
今回の眉頭の上に
眉を書き足す方法が
万人受けするわけではないのです。



今回は
困った感じの雰囲気を
信頼感のある
キリッとした印象にする
というテーマで解説したのですが



一番大切なのは
”テーマ”です。



テーマというのは
あなたは
どんなイメージに
なりたいですか?
これです。



困った雰囲気が
決して悪いわけではないです。



逆に
キリッとした雰囲気が絶対に良い!
というわけでもないです。



どんな形の眉にしようか?よりも
「どんな雰囲気になりたいんだろ、自分…」
こう考えることが大切なんです。



なりたい雰囲気(イメージ)に
限界はないです。



誰にもバレないので
自由に想像を膨らませてください。



それを
表現するのは眉です。



眉でその人の印象の
8割は作られていく!と
聞いたことがあると思います。



眉ソムリエの
ロゴにもなっているように
実は眉があなたを
陰から支えています♪






それは眉の形だけじゃなく
眉を考える!という所から
眉とあなたの関係は始まっています。



テレビを見てくださった皆さん。
番組ツイッターに
投稿してくださった皆さん。
ご視聴ありがとうございました。



まだまだ
眉の魅力は発信していきますので
お楽しみください♪


↓番組収録時に撮ってもらいました








こういった

眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら


無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。




眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 人と接するにはホウレンソウの”次”が大切だった

  2. 顔がパッとしない。化粧映えしないなら、やっぱり眉ですよ!眉!

  3. 清潔感は顔だけじゃない。「手」も含んでいますからね

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する