眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

プロが見てわかるプロの仕上がりとは

vol.3309

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

その道のプロが見ると
プロの手が入っているか?
自分でやったのか?
違いが見えるんです。

先日音声版SNSの
Clubhouseで話していると
家族の話になりました。

ぼくの奥さんの写真を見た
美容関係の人が

「奥さんの眉、
書いてあげたでしょ?」と

瞬時に見抜かれました。

そういえば
化粧品店をしていた時でも
同業の人なのか?なんとなく
感じるものがありました。

では
何が違っているのでしょうか?

プロの眉の仕上がりの違いとは?

眉に関する人それぞれ
着目点が違いますが

一番、違いを感じるのは
上下の眉山のズレです

眉山の位置といっても
眉山にも上の眉山と
下の眉山があります。

これが一致していると
眉で垢ぬけた雰囲気を
感じさせることができます。

ビフォーの上の眉山は
黒目の真ん中くらい
アフターの上の眉山は
黒目の外。

そして
上の眉山と下の眉山の位置が
だいたい同じになっているのが
わかりますでしょうか?


他には

・眉尻がシュッと細い仕上り。

・眉頭から眉尻がだんだん細く

・色ムラが無い。

こんなところでしょうか?

微調整する時や仕上げの調整は
綿棒やスクリューブラシで
はみ出た所を消して仕上げるです。

眉が上手い=上手く書く
というイメージが
あるかもしれませんが

どこを消すとキレイな眉になるか?
これを知っておくと
眉の仕上がりは上達します。

特に、眉が濃くなってしまう
眉が太くなってしまう…という方は
今回の内容を参考に
眉を書いて見てくださいね♪

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 正解はない。似合う眉毛の書き方の正解は一体何なのか?

  2. 情報発信がうまく出来ないのはやる順番を間違っちゃうから

  3. お客様のことをよ~く知っているからこそ、見逃してしまうところ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する