眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

娘の満了で感じた伝えることの核となるもの

vol.3271

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

昨日は娘の保育園満了式でした。

我が家の娘は超人見知りで
何かあると石の様に固まります。

夕方に満了児さんの親御さんと
お世話になった先生方と
最後の懇談会で

満了式の様子を映像で見せてもらうと
満了証を受け取る時も…

やっぱり…笑

しかも
園長先生に証書を渡されても
動かず、受け取らず、しゃべらず

石像やんっ笑

先生はその姿を見て

「これも立派な個性です。

すぐに動くのではなく

自分の中で何がいいのか?
何が嫌なのか?

自分と対話している。

すべてを大人が
やってあげるではなく
本人が考えてやることを尊重する」

こんなことを
話してくれました。

娘がお世話になった保育園は
保育理念として
本人を尊重することを
掲げている保育園で

それは
日々の生活からも
すごく感じて
共感するところでした。

眉の書き方を伝える時
ぼくが見ているのは
受講してくれた方の
眉の形や仕上がりではないんです。

今日は
眉ソムリエとして何を考えて見て
意識しているのか?を
お伝えします。

そして
眉ソムリエとはなんなのか?
ここもわかってきます。

眉テクニックは千差万別

眉を描き始めた人から
もう20年も描き続けている人まで
様々です。

そして
眉歴に関わらず上手い方も
伸びしろたくさんの人も様々です。

んで
ぼくが見ているのは
眉の仕上がりよりも”ヒト”です。
(もちろん眉の理論は
伝えて書けるようにしていきます)

受講してくださった方が

「いや〜、いつもと全然違う」
「眉を描くのが楽しくなった」
言葉に出さなくてもご自身で
鏡をキラキラした目で見ている。

↑ここを見ています。

でも
昔からそうだったわけではないです。

昔は

伝えたからには
ある一定の眉テクニックで
眉の仕上がりに
なってもわらなくては
伝えた意味がない

↑これが正義でした。

つまり
言葉に語弊がありますが
わかりやすく例えると
出来るまでお尻を叩く
(実際はお尻叩きませんが)

でも、これって
楽しくないんですよ…お互い。

当然、笑顔もない

そんな経験をしたこともありました。

それって誰の人生?

いつもご指導をいただく方に
言われる事があります。

選択肢を与えたとしても
相手を引っ張っるのは違う

相手の背中を支えても
強引に押すのは違う

そして、
娘の保育園の園長先生が
おっしゃっていた

「将来困らない様に…」と親の感覚で
なんでもやってしまいたくなる

でも、
それって誰の人生?
保育園生活で何を見てきて
何を感じてきたかは

子供たちそれぞれ

これらの様に
技術的だったり
仕上がりももちろん必要ですが

それよりも
個人・個性の成長にフォーカスする

昨日の自分より
今日の自分が少し好き

そう感じたら
あなたの中で何が変わり始めます。

ぼくは
眉ソムリエとして
眉を通じて伝えていますが
何をするにも

自分を認める、知る、
好きになる

これがあったら
前に進めるんだと思っています。

それが眉ソムリエの在り方
でもあります。

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. パール感が強めとラメ感が強めではどう違って見える?

  2. 眉山を削って柔らかい印象に?眉山の落とし穴!

  3. メンズメイクの最先端を肌で感じて感じたこと。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する