眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

覚悟を決めると必ず起こる出来事とは

vol.4222

もし、自分の子供が
熱で1週間も意識が無かったら
大切に大切に育てたくなるのは

親として当然なのかもしれない。

こんにちは♪
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

今日の青森市倫理法人会
モーニングセミナーは
約一ヶ月、講話サポートに
関わらせていただいた

ヘナインストラクターの
福士望さんの講話。

「私の言うとおりにしていたら
あなたは幸せになる」そんな
過干渉な親の存在。

これには福士望さん(のんさん)が
小さい頃に髄膜炎で40度の熱で
1週間、意識が戻らず…

お医者さんからは
「覚悟はしておいてください。

 意識が戻っても
 50%の確率で何らかの
 後遺症が残るかもしれません」
と言われたご両親。

そんなこともあってか
のんさんの判断することほとんどが
親に反対されて

そのうち
自分の気持ちを話さなくなり
自分で物事が判断できず
何をするにも諦めてきた人生。

のんさんにも子供が生まれ
徐々に親の過干渉から
逃れつつあるとき

ヘナインストラクターの仕事で
今度は夫に大反対。まさか離婚勧告。

最後に残ったのは
のんさん自身がどうなりたいのか?
何を幸せと思って生きるのか?
その幸せに向かっていく覚悟は
本当にあるのか?ってこと。

覚悟するという事は
多くの場合、何かかしら
壁が出てくる。

その壁はもしかしたら
本当にその覚悟はあるんかい?って
試練なのかもしれない。

ぼくの過去でも
スムーズにいかないことがあった。

中にはあきらめたことも
やってみて挫折したこともある。

ブログやYouTubeの更新についても
やってみは見たものの
一気に登録者数やアクセスが
増えたわけでもない。

でも
やると決めたことで
継続力が身に付き

有難いことに
ブログや動画から
勇気をもらえましたと
言ってくれる人が
表れるようになった。

思った通りに行かなくても
その努力はいつか必ず
自分に振り返ってくる。

そんなことを体験した中で
続けていくうちに
自分が生きる道って何なんだろうか?
そう考えるようになった。

講話してくれたのんさんの場合
自分の幸せになる覚悟を言葉にして
目の前の人に伝えるという事を
していった。

親の人生を生きるのではなく
周りの人の人生を生きるでもなく
自分のために
自分の人生を生き抜く。

強い信念が見えたなぁ~。

のんさんと講話作りをしていった中で
のんさんは親の過干渉と
旦那さんの気持ちはすべて
愛情表現の1つで

今となっては
親も旦那さんものんさんの仕事を
応援してくれているとのこと。

ツラい過去も
覚悟を決めて進む道も
自分にも周りにも
向き合ってきたからこそ
 

語れることがある。
寄り添う器がある。

この時の苦労は
ツラい出来事だけど

振り返ると
一見大変だと思うことも

そこに向き合って
解決しようと時間を割いたことは
必ず、自分のためになる。

大変な人生だったと思えるか?
あの時があったから
今の自分がある…そう思えるかは

苦難にどう立ち向かったのか?のは
人生の分岐点な気がする。

何を学ぶかより
誰から学ぶか。

そして
誰と多く時間を過ごすか?

これで
成長速度が変わることを
体験しているからこそ

自分自身も
成長していこうと思った。

のんさん、1か月に渡る講話作り
本当~にお疲れさまでした。
壇上ではとても輝いていました。

****************

【イベント情報】

詳しく&申し込みは
↓↓↓
https://forms.gle/mw2MvP2NWHaCFLFL6

お申込み&詳しくは
↓↓↓
https://onl.tw/zSfmrfV

申し込みフォームや詳しくは
↓↓↓
https://onl.tw/A4wJUJn

***************

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. サロンオープンまでにし続けた3つの自問自答とは

  2. 【茶色い眉は優しい?】男性が眉を書くときの色選びで忘れちゃいけない事

  3. ビジネスプレゼンに向けて

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する