眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

2代目後継者。会社の名前を調べてみたら意外なことがわかった。

vol.3922

ネットニュースを見ると
「釣りタイトル」ってのがあって

 

 

読んでみたら中身が
「それだけ?」って内容のニュースを
たまに見るんだけど

 

 

内容にがっかりはするけど
タイトルってすごく大切って思う。

 

 

ちょっと変わった名前は
興味を引きやすいけど

下手すりゃ
こじらせすぎて
なんのこっちゃ?ってなる。

 

眉ソムリエの名前や
メンズ脱毛サロンをオープンする時も
名前に込める想いと
イメージのしやすさはこだわった。

「お店の中は
 どうしてこの名前に
 したんですか?」
って聞かれると

名前に込めた思いを
目をキラキラさせながら
ぼくは語っていると思う(笑)。

これには2代目3代目社長が
みんな経験するエピソードがある。

ぼくは22歳のとき
祖父母の代から続く
家業の化粧品店を継ぐと決断した。

この時には
法人名「有限会社マロミ」
マロミ化粧品店という店名が
物心がついた時からあったから

お店の名前に対する想いは
「へぇ~、そうなんだ」って
くらいに思う事しかなかった。

でも、ここ最近
家系図を作ったことをきっかけに

 

「マロミ」という会社の名前が
気になり始めた。

そういえば、
むか~し、じいちゃんに
「どうしてマロミって名前なの?」
って聞いたことがある。

じいちゃんの回答は
「名前占いの人に
 マ行・ラ行・マ行から
 1文字ずつ選ぶといいって
 言われたからだよ」
そんなことを言っていた気がする。

その当時は
「ふ~ん」くらいしか
思っていなくて

先日、
なんとなく
ひすいこたろうさんと
山下弘司さんの本を
読んでみることがあった

↓↓↓

「ま」「ろ」「み」に
どんな意味が込められているのか
そのページを開いてみると

↓↓↓

『ま』

日本の理想である
「真善美(しん び ぜん)」に
強く関わっている。

〈真〉必要な真実を知ること。
〈善〉それを行動に移すこと。
〈美〉行動した後の美しい姿。

『ろ』
動きを付ける時に使われる音。

無限に成長していく
「螺旋(らせん)の形」を表している。
茶道・武道など終わりのない道を
喜びと共に無限に歩いていくイメージ。

『み』
「磨く」という意味がある。
磨くまでの①見る②見抜く③磨くこと。

個性の原石を見出し輝かせる。
また、汚れを洗い流す「水」
身を清める「禊(みそぎ)」にも使われ
浄化する水も表す。

これを読んだとき、
いま、ぼくが美容を通じて
やっている事が
ピッタリだと思った。

ぼくがなぜこの仕事を
しているのか。それは、

「どうせ無理…」って
変わりたいのに
あきらめてしまう人を無くすること。

そして、

コンプレックスを
解消するだけで自信に変わり
前向きにチャレンジする人で
あふれる世の中を作っていくこと。

一人で「すごいーーー」って
叫びたくなった。

でもね
それ以上に感じた事

じいちゃんが
お店に込められた想いを
知ることができて
嬉しかった。

この先も
目の前の輝く原石(人)の
良い所、美しい所を見つけ出して
輝くお手伝いを

いつまでもいつまでも
続けておくれ。

じいちゃんは
ここまで思って「マロミ」の名前を
付けたのかは、わからないけど

そんなことを託されていると
勝手に感じ取っ
これからも美容を通じて
今できることを
やっていこうと思う。

じいちゃんが生きていたら
マ・ロ・ミに込められた想いを
語り合っていたかもしれないね。
 

マロミの名前に込められた想いを
初めて知って

今まで
あまり…ほとんど無かった愛着が
一気に湧いた。

来週は娘の誕生日。
妻が娘のために
0歳から誕生日ごとの写真を
準備していた。

妻は娘のためと
思っているかもしれなしけど
ぼくから見たその行動は
家族に対する愛のかたまり。

やっぱり
知ることは愛の始まりだね。

明日12月17日は
まさみんに密着24時と
見えてきたものをシェア会
↓↓

明後日12月18日は
香取貴信さんの講演会に
スタッフとして参加。
(しかも、ドキドキの統括を
  させてもっらてるーーー) 
↓↓

12月最後まで
チャレンジして走り切る!

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉を描くペンシル選び。大切なのは…

  2. 最新のメンズファンデを検証してみた

  3. 待ちに待った広告が完成!美容は最高のやりがいのある裏方♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する