眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

同じ道具を使っていても眉が上手に描ける方法がある。

vol.3729



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です。



化粧品のことを話しすると
そこには様々なエピソードがある。



中には
高校生の時から
デパコスを使っていた
という方も。



デパコス
(デパートの売り場で買う化粧品)
って、憧れの化粧品ばかり。



でも、その方は
どんなにデパートで化粧品を買っても
眉は上手に描けることがなかったら
もう、眉毛は諦めていた。



そう教えてくれた。



眉に関して
諦めを感じている人は
すごく多いと感じる。



良い(高級)化粧品を
買ったからと言っても
眉が上手に描けるかどうかは
また別問題。



眉を描くときに大切なのは
・なりたい自分を知る
・現状を知る
・どうやって描くのか?
・何を使って描くのか?



何を使って描くかは
割と後でも良くて



まずは知ること。



ってことは
プチプラのコスメでも
知ることだけで
眉は描けるようになる。




例えば眉を描く順番でも
今までは眉頭→眉山→眉尻で
描いていたとしたら



眉を描く順番を
眉山→眉尻
眉山→眉頭
って変えるだけでも
眉の仕上がりは変わる。



眉山って
その人の印象を作る土台に
なるところだから



眉山を起点に
眉尻や眉頭へのつなぎを描くことが
めちゃくちゃ大切になってくる。



もちろん、
ペンシルを使っていても
パウダーを使っていても
描く順番だけで本当に変わる。



さらに詳しくは
昨年末に作った
眉の無料動画があるから
そこから見てみて
↓↓↓

https://mayusomurie.hp.peraichi.com/



今回アフターフォローした時間



午前4時



時間を合わせようとすると
なかなか時間が合わなくて



結果
午前4時にzoomで
アフターフォローをする
ということにw



もともと
朝活をしている人たちだから
午前4時に開催してもみんな元気❣



変態的なアフターフォローを
体験できました♪






こういった

眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 同業者の方。今まで以上にお客様に喜んでもらう”虎”になる

  2. 整形したかのように変えるコツ

  3. 眉毛が生えてくるメカニズム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する