眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【重要】変化を実現するためのヒント。

vol.3642



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です。



「この状況を何とか抜けたい。」
「さらに次のステージへ。」





この時、大切になってくるのは
どんなイメージを持っているのか?



これは明確であればあるほど良い
というのは前回のブログで
書いたんだけど




こんなことを思う人もいると思う。↓↓



頭の中で良いイメージを
どんなに描いても
叶わない。変わらない。



5年前ぼく自身がそう思っていた。



その後も
悪いイメージよりは
良いイメージを描こう…と



瞑想がいいじゃないか?とか
紙に書いた方がいいんじゃないか?
とかいろいろやってみた。



でも、なかなか変えられずに
モヤっとしていたこともある。



そして
この理由がやっとわかった。



理由はシンプル。



頭の中イメージと
見た目が

合っていないから。



頭の中では
良いイメージを描いたとしても
3日くらいすると



「…とはいえ、
 自分には無理かもね
 無理だよね。」
って思っちゃう。



それでも、
強引にいいイメージを
頭に描いてみても



変えられない自分に
嫌気を感じて
自分を責めちゃう人もいる。



解決方法は
頭で描いたイメージに
見た目を変えてあげる。
少しでもいい。



見た目じゃなくても
頭の中にイメージに近づく『変化』を
少しでも感じることができればいい。



ぼくが眉の描き方を伝える時
なりたい自分を描いて



なりたい自分に近づけるために
印象の9割を作事ができる眉で
近づけていく。



つまり
頭の中のイメージと
見た目を
一致させていく。




仮に
大きく変わっていなくても
昨日の自分より一歩でも
理想に近づいていればそれでOK。



眉は毎日描くから
なりたい自分と見た目を重ねる
毎日のルーティン。



毎日が
なりたい自分に近づくことになる。



仮に
毎日近づけていなくても
意識して、行動することが大切。



それができるのが
眉を描くという事。



眉ってすごい。
改めてそのすごさを感じた。



”なりたい自分”がわからないなら
一緒に見つけていきましょう。



なりたい自分を見つけるワークは
改良の余地があると思っているので
どんどん進化していきます



進化するためにも
頭の中のイメージと
そのための行動。



まずは
起きてダンスで体を起こすことから
一日のスタート



リズム感全くなしだから
家族に見られたくないヤーツ(笑)



こういった

眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘアアレンジのバランスとは?メイクのバランスとは?

  2. 眉を描くということがなぜ自分を好きになることとつながるのか。

  3. 「もう年だから…」その一言であなたは損している

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する