眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

「いつもなんか眉が違う…」というモヤモヤを解消できた理由とは。

vol.3621 

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

美容サイトにブログにYouTube…
いろんな情報は見るけど
イマイチしっくりこなかった。

そんなことってない?

これにはちゃんと理由があって
Aさんに伝わる情報は
Bさんにも伝わるとは
限らないから。

そして
テクニックよりも
もっと大切なことがある。

これをまさに体験してくれた人が
今回、眉レッスンを受けてくれた
清水悠希ちゃん。

レッスン後のアンケートにも
たくさん書いてくれた。

↓↓↓

今までアイテムを変えてみたり
動画等で勉強したり
眉毛サロンに通ったり

色々試行錯誤してきましたが
いつも “なんか違う…” から
抜け出せずにいました。

ポニーさんのレッスンを受けて、
そもそもなりたい自分が
わかってなかったから
描き方わかるはずなかったんだなぁと!

これだーっ‼︎と思える眉に出会えて
長年のモヤモヤが解消され
本当に嬉しかったです‼︎

そう!
眉を描こうと思ったら

私に似合う眉の形ってどんな形?
どんなテクニックで眉を描く?
何を使って眉を描くといい?
こんなことを思う。

これも大切なんだけど
もっと大切なのは

どんなイメージになりたい?
って問い。

その、問いに対して
素直な感情に向き合った方が
本当の自分に出会うことができて

ブレない自分を
作ることができると
信じている。

それを
眉を作る前の
なりたいイメージとして
ぼくの眉レッスンに取り入れている。

だから
何かピンとくるものがなかったら
テクニックや何を使って
眉を描くかよりも

もう一人の自分に
「ねぇ、本当の本当は
 どうなっていたいの?」
って聞いてみて。

すると
少しずつでも
やるべき眉が見えてくる。

今回、
眉レッスンを受けてくれた
清水悠希ちゃんは

ワークシートと
眉レッスン内の対話の中で
なりたい理想の姿に
少しずつ気づいたみたい。

うれしいなぁ~

モヤモヤが解消された瞬間の
アハ体験は前向きな行動を
引き起こしてくれる。

自分を生きようと思ったら
素直な感情に向かって
1歩1歩と行動するしかない。

そのきっかけを
眉を通じてお伝えできた。

毎回、のどが枯れるほど
眉のことを熱弁しちゃうんだけど

眉を描いて
理想の自分に出会えた瞬間の
レッスンを受けてくれた
みんなの表情を見るのが大好きなんだ。

眉レッスン後
皆が口を揃えて
言っていたのが

眉毛の変態っぷりが
 すごく出てたね」

…え?

最高の誉め言葉やんっ

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. あなただけの眉を変えるポイントを知れば眉は書けるようになる

  2. パラリンピック開会式はなぜ世界から絶賛されたのか?その秘密は”印象の変化”

  3. 相手を気遣うことと同時に大切な事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する