眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉の専門家は見た!眉から見えた総裁選候補者の印象

vol.3454 

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

テレビをつけると
いつも目にするのは
次期総裁選の動向。

候補者がずらっと並び
目に入るのはみんなの眉毛!

河野さん、

インスタ開設すると
230万人フォロワー突破!

眉毛からもその勢いを感じるほど
凛々しさが溢れます。

特に
眉山の存在は凛々しさに
関係してきます。

眉山が高ければ高いほど
眉山の角が
はっきりしていればいるほど
凛々しさは際立ってきます。

岸田さんの眉は
完全にプロの仕業です。

眉サロンなどで
整えてもらっている眉の形です。

眉の形をなだらかにすることで
何より信頼感!
そして繊細さを表現しています。

まだ出馬は決定ではない石破さん

眉尻が途切れている。
小さい頃の傷かな?
これは、人相学の観点で見ると
兄弟の仲に不穏があると
出やすい眉の形です。

眉の形は変えずとも
眉の毛流れを揃えて
隙間を埋めてあげると

少し凛々しさが加わって
また違った印象にみえるはずです。

そして最後
女性初の総理になるか?と
言われている高市さん。

調べたわけじゃないけど
プロの目で断言します!

ズバリ、眉プレート!

ただ、眉プレート特有の
不自然感が出ちゃってます。

眉を書く時間がないなら
眉アートはおすすめです。

昔の眉アートは
色も青っぽかったし
色を塗るような色の付き方で
不自然だったのですが

今は色もグレーで
眉毛1本1本色が入れられるくらい
技術があります。

今の眉を改善するには
2つのポイントがあります。
①眉の色はもう少し茶色よりを
そして
最も大切なのは
②輪郭をぼかしてあげること

今の眉を見てみると
眉と肌の境界線(輪郭)が
ちょいとハッキリしがちです。

なので
境界線(輪郭)の眉毛を
あえて不揃いに見せるために
色をぼかしてあげると自然です。

パウダーで色を重ねて
輪郭をぼかしてあげることで
より自然に見えます。

眉レッスンをする時
ぼくの左右の眉の輪郭はあえて変えます。

なぜなら
輪郭の違いで見え方が違うのを
見てもらうからです。

輪郭はぼかそうが
ハッキリさせようが
どっちが正しいなどありません。

あなたがどう見せたいのか?
この想いで変わります。

次期総裁をめぐって
打ち出す方向性は
それぞれあるでしょう。

情報がたくさんあるから
想いに共感する
これが大切と思います。

内から湧き出る想いと
外から見える印象を合わせることで
伝わり方が変わると思います。

それは
聞き手の捉え方もありますが
一番は、言葉を伝える本人が
鏡を見て自分の背中を
自分で押すからです。

では、あなたも眉で
想いを世の中に伝えていきましょう。

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 5月に三内丸山遺跡ガイドしますよーーー!

  2. 自分が何者なのかブレれている時と解決策

  3. やっぱりそうだよね…と確信した眉ソムリエのあるべき姿!青森から発信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する