眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

阿部一二三選手のカッコよさを作る2つの眉の整え方ポイント!

vol.3408

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

オリンピック史上初
同日に兄弟で金メダル!

妹の詩選手が
勝利を確信した時の喜ぶ姿をみて

プレッシャーや
コロナ禍での練習など
大変な思いがあったんだろうな~
と思うと、すごく感動しました。

阿部兄妹って
ほんと、顔似てますよね~

ハイライトで振り返る時
畳に向かう姿は
気迫が溢れています。

そして、ぼくが見てしまうのは
やっぱり眉

兄、一二三選手の眉を見ると
太さがある眉なのですが

眉が太いと眉毛が濃いのは
似て非なるものとして考えます。


引用:tarzanweb より

一二三選手を例にとると
眉の幅自体は太いのですが
眉の密度はないです。

このような眉の場合
やってはいけない眉の整え方として
眉を短くするってことです。

眉の長さというのは
眉毛自体の長さです。

なぜかというと
密度が無いと肌の部分が透けて

遠くから見たときや
写真にした時、
眉が無いように見えてしまうのです。

なので
眉の太さはあるけど
眉の密度がない眉の場合

眉の整え方は
長さは変えずに形を変えます。

形と言っても
そんに難しくなく
2つのポイントで出来ます。

まずは眉尻の周りの
ムダ毛を取ってあげるだけでも
印象は”さわやかさ”や”清潔感”が
あなたに加わります。

眉尻まわりのムダ毛を
整えるとは
目尻と平行になるように
整えていきます。

これが出来たら次に
眉山をどうするか?です。

キリッと感を出したければ
眉山を残し
柔らかい印象を出したければ
眉山の眉毛2~3本を切って
なだらかにする。

この2つだけで
・さわやか
・清潔感
・信頼感

これらが印象として
加えることができます。

共通して言えることは
どんなイメージになりたいのか?
これがわかることで眉山をどうするか
見えてきます。

眉の幅は太いけど
眉の密度はそこまでない…
という方は

今回のポイントを確認して
整えてみてくださいね♪

眉ソムリエの眉セミナー情報

7月6日(火)10:00~【終了】
7月8日(木)10:00~【終了】
7月12日(月)10:00~【終了】
7月14日(水)10:00~【終了】
7月18日(日)10:00~【終了】
7月22日(木)19:00~【終了】
7月27日(火)10:00~【終了】


7月30日(金)10:00~ 
  【締切】7月29日24:00


各日程、セミナー時間は30分。
参加は無料。
男女関わらずご参加できます。
耳だけ参加も歓迎します。
何度参加してもOKです。

このブログを読んでくださっている
あなたが参加してもOKですし

参加ご希望の方は
この問い合わせから
↓↓↓
info@mayusomurie2020.com

「お名前&〇月〇日の眉セミナー参加希望」と
メッセージをください。

前日にzoomのURLを
お送りいたします。

無料セミナーをする理由など
さらに詳しくはコチラのブログにて
↓↓↓

 

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. お化粧を変える最適なタイミングって?

  2. 2021年の後半に誓った眉ソムリエの決意とは…!青森から発信

  3. メイクの伝え方は、全部伝えない方がいい…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する