眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ジブリ感の山の奥にあったものとは…




vol.3325



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です



ここ最近、天気が良かったので
すぐ近くの山に散策に行くと



あまり人が通らないせいなのか
入口からジブリ感がすごい






鳥の声や草木が風で揺れる音…





デカくなりすぎた天然こごみに
若干恐怖を感じながらも
自然を100%味わっていたのですが



道の脇に目をやると
ブラウン管のテレビ
冷蔵庫、ダイニングテーブル…



不法投棄が目立ちました



そして






古タイヤの中を
木が成長しているのを見て



この辺は不法投棄するのが
長年の習慣になっているんだろうな…
そう思いました。



どこかの地域か忘れたけど
不法投棄が止まない事を受けて



ある事をしたら
ピタッと止んだ方法があるのを
思い出しました



1つは、
不法投棄ダメ!の注意書きの隣に
”全身鏡”を置いた事で



自分が不法投棄している姿を
鏡で見る事でやめさせようという
仕掛けでした。



また別の地域では、
神道を信じる日本人の傾向として
小さい鳥居を道路脇に置いて
不法投棄を無くした。



という仕掛けがありました。



「ダメ、絶対!」
「罰金○○万円」と
押さえ付けるのではなく、



「やめておこう…」と
自らの判断に訴えかける
”仕掛け”をする。



この二つの違いは
自分ごととして
考えられているか?
って違いです。



指摘されて
無理くり辞めさせられるのと
自分の意志でやめるのでは 
意味が違ってきます。



眉を書くときでも
何かを学ぶときでも
自分ごとで考えていくと



得る知識というか経験が
全然違います。



自分ごととして
考えられないものは
つまずいた時



誰かのせいにします。必ず。。。



「あの人が言ったからやったのに…(怒)」
ってな感じに



誰かのせいにするということは
それ以上の成長は
すんなり行きませんザンネン



逆に
やってみよう!やってみたい!
この感情になるということは



自分でもできるイメージが
少しでも湧いているからこそ
起こる感情です。



眉を伝える時も
この感情を大切にしています。



誰に何も言われないなら
本当はこんなイメージに
なりたかったんだ…



あなた自身の感情に
向き合ったときから
すべてが変わっていくことが
わかっているので




眉を通じてそのお手伝いを
していきます



不法投棄されていた山では
山の意志なのか…
車が通れないように
倒木が道をふさいでいました。



これを
偶然と見ますか?
必然と見ますか?

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉を整えても違和感がないように

  2. 眉プレートで貼ったような眉になる

  3. メイクを伝えるときに考える順番とは…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する