眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

つい眉毛を抜いてしまうのですが…

vol.3311 



眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。



YouTube動画を作っていると
2日に1回にペースで
コメントをいただきます。
(ありがとうございます♪)






その中でも多いコメントが
「眉を生やしたいのですが
つい抜いちゃう癖があります」
ということです。



眉を生やしたいのに
せっかく生えてきた眉すらも
抜いてしまう。



これはなぜ起きるのか?



カギとなるのは
”脳内報酬”です。




今回は
眉を生やしたいのに
なぜ眉を抜いてしまうのか?



そして
眉を抜いてしまう癖を無くするには
どうしたら良いのか?



ぼくの過去の体験をもとに
お伝えしていきます。




では、今日も
眉で人生を変えていきましょう♪



意志の強さは関係ない




自然な眉を作ろうと思ったら
眉毛があった方がいいのは
わかっているのに
止められない。



これは癖というか
ちょいとしたストレス依存が
関係してきます。



人って誰でもですが
楽しい方がいいし
ストレスを感じたら
忘れようとします。



それが
たまたま
眉毛を抜くことだったりします。



眉を抜いちゃダメ…と
わかっているのに抜いちゃう
それがまた自己嫌悪のストレスに…。



これは心理学の
脳内報酬系の仕組みで
説明が付きます。



意志が弱いから
決意に負けてしまう…ってことでは
ないです。



以前、依存症から
なんとか抜け出すことができた
そんな経験がありました。



ぼくが依存的にハマったのが
ギャンブル依存とネット依存でした。



依存症って
まだ認知されていることが少ないので
ネガティブな印象ですが
1人でもお役に立てるなら…と思って
実体験をブログで書いてみます。



依存からの卒業…




ギャンブル依存は
今から20年前くらいで
5年くらいかかりました。
(借金することなく辞めれた)



当時20歳頃、料理の仕事をしていて
趣味という趣味がなく



休みの日もダラダラ昼まで寝ていて
起きると、翌日の仕事のことを考える。



そんな生活をしていたので
相当ストレスが溜まっていました。



そのストレスから
本能的に自分を守ろうと
たまたまギャンブルにハマった
そんな感じでした。



辞めたい…でも、やめられない。
これまたツラい。



ストレスがかかり
満たされない日が続いたり
ストレスが大きいと



それを補おうと
違うことで満たそうとします。



今は、原理的にわかるのですが
当時、無意識にやっていたことは



違う楽しみを見つける



ってことでした。



*************
・ゴルフ出来ないのに
打ちっぱなし練習場にいってみる。

・早朝から車でドライブ

・山奥にある秘湯にいく

・ダーツ・ビリヤードをやってみる

・ギャンブル仲間から離れた

・バイクで一人旅してみる
*************


こんな感じに
趣味探しというか




やってみようと思ったことや
楽しめるものをやってみて
ギャンブルができる環境を変える



これをコツコツと続けたら
辞めることができました。



ネット依存はYouTubeでした。



やらなきゃいけない仕事があるのに
ついYouTube動画を見て
やるべきことが出来ずに自己嫌悪



ギャンブル依存だった時のように
出来ない環境にしようと
思ったのですが



日々、情報発信もしていたので
ネットがない環境にすることは
なかなかできませんでした。



今は、YouTubeにハマることは
なくなりましたが
どうしてYouTubeに
ハマっちゃったかは
説明できるようになりました。



…ぼくの話はこれくらいにして
共通しているのは



ストレスから守ろうとしている行為



これなんです。



眉を抜いてしまう…ということは
何か日々の生活の中で
ストレスを感じていることが
ないでしょうか?



・ストレスを解放してあげる
・ストレスの元を解消する
・自分を満たしてあげる



これが出来ると
案外あっさりと辞められます。



眉を抜いてしまうのは
決して
あなたの意志が弱いのではなく
脳内の仕組みなので
仕方がないことです。



だったら
ストレスの元をどうにかするか?
ストレスを解放する”なにか”を
なるべく多くやってみる



これをやってみて下さい。



今、わかっちゃいるけど
辞められない…って
思い当たる節があるなら
必ず、解決の糸口はあります。




こういった

眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 365日続けたら、絶対に人生が変わるとしたら…どうします?

  2. 高橋大輔の復帰Vで演技が柔らかくなった理由とは…

  3. 手の震え。描かなくても眉はきれいに仕上げられる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する