眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ナチュラルメイクのための発想は眉の書き方整え方を知ると理解できる

vol.3299

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

眉を書いても整えても
自然な眉にしたい…
誰もが思いますよね。

自然な眉を作ろうと思ったら
外して通れない
原理原則があるんです。

今回は
自然な眉を作る時のコツ
…というか考え方を
お伝えします。

今回は中級者向けの
発想なのですが

この方法は眉だけじゃなく
メイクにも応用できるので
最後まで読んでみてください♪

では、今日も
眉で人生変えていきましょう!

チリも積もれば山となる


眉を整えようと思ったとき
一か所で済ませようと
思っていませんか?

眉山の位置をココにもってくる。
眉の太さは何センチにする。

一か所でやろうとすると
眉山の位置をかなり動かしたり
あきらかに
眉を太くしているのが見える…

そんなことになるのですが
自然に変えようと思ったら

数カ所で変える

これが一番です。

元々生えている眉を
あまりにも無視して整えると
剃った後が青くなっちゃうし

無理して書くと違和感を
感じちゃいます。

伸びた眉毛があったとしたら
このように整えます
↓↓↓

 
この整え方を解説すると
・眉頭
・眉山
・眉尻
3カ所から整えています。

もしかしたら
眉山だけを整えても

そんなに変化を
感じないかもしれないけど

眉山+眉頭+眉尻…と
1か所だけじゃなく
3か所から整えると

結果…
自然な変化になる

自然な変化というのは
あなたらしさを生かした変化
ってことです。

徐々に変わることが大切

身だしなみを整えるって
変えようと思えば
一気に変えることもできます。

でも、
一気に変わることは
満を持して変わったのか
変わったけど一時的…
ってことです。

志を高くしても
成長過程には
まっすぐ右肩上がりではなく
上がったり下がったり成長します。

メイクを変えたとしても
あまりにも変わり過ぎると

「これって私…?いや、私なんだけど
私じゃないじゃん…」

見慣れてないだけ…
ってこともあるけど
自分じゃなく感じちゃうもんです。

すると
急に恥ずかしくなって
本来の行動が出来なくなります。

なので
少しずつ変わることは
悪いってことないです。

特にナチュラルメイクを
意識している方は
数カ所から変える方法は
覚えておいて損はないです。

目ヂカラを生かしたい!と
アイメイクをいっぱいするのではなく

アイメイクはいつもの濃さにしても
眉で目ヂカラを強く見せたり

アイメイク以外を薄めにして
アイメイクを引き立てる。

これが
ナチュラルメイクの秘訣でもあり
ずっと続けられる
変化の仕方です。

毎日の積み重ねってやつですね。

ナチュラルメイクを意識している
ってことは

・本当は自分を大切にしたい!と
思っているはずです。

・ありのままでもキレイになりたい!と
ココロの隅っこで思ってるはずです。

その方法を知って
あなたの願望をぜひ
叶えてあげてくださいね♪

4月22日放送の
コロナ禍の美容(まゆげ編)でも

今回のようなテクニックを
紹介しています。

青森に在住の方は
4月22日のATV、夕方からの「わっち」
見てみてくださいね♪

最初しかカメラ目線してないぼくが
画面上に出てくると思います笑

動画更新しました↓

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 余興を何すればいいか迷ったら似ているよりインパクト

  2. 青森市の猿出没の捕獲作戦は当店の真上で繰り広げられていた!!

  3. 子育てをしている時だからこそ、時短と修正がない眉を書く

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する