眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【講話サポート】目的と目標をごちゃ混ぜにさせない。

vol.4495

こんにちは♪
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日は
あと2週間後に迫った
講話のサポート。

講話サポートで
意識しているのは
目的をブラさないこと。

講話サポートの目的は
講話する人が仕事を通じて
伝えたいことを明確にしたり

その人の想いを
聞いてくれた人に
共感してもらう事。

さらには
その人の仕事に
興味を持ってもらう事。

一番、気を使うのが
ぼくが思ったことを伝える事が
目的にならないようにすること。

つい
言いたいことを言って
本人が伝えたい事が
ブレちゃうことがある。

よくあるのが
目的と目標がごちゃ混ぜに
なっちゃうこと。

例えば
眉毛の書き方を伝える目的は
眉を書けるようになることに加えて
自分の感情を知って

自分の可能性や
自信を持ってもらう事。

これが
目的を果たすために
集客するために
どうやったら人が集められるか

テクニックだけを
考えてしまう。

どっちも必要だから
気づかないうちに
混ざっていることがある。

昔は勉強したからと言って
自分が出来ていないのに
偉そうに他人に言っていた時がある。

今思うと
申し訳ないと思うけど

この時
本当の目的は
成長することだったけど

いつの間にか
ダメ出しをすることで
自分の承認欲求を
満たすものになっていた。

そんな経験もあって
1年前から始めた講話サポートは
目的がブレないようになってきた。

講話サポートは
その人のことを知るからこそ
めっちゃ応援したくなる。

もっと
その人の才能や想いを
多くの人に伝えたくなる。

話を聞いて伴走することは
ぼくの才能でもある…とはいえ

ぼくもあと2週間後に
40分の講話がある…
まだ作ってない。ドキドキ。

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 行動できない理由と行動力を高めるためにしてきた事。

  2. 【眉を書く】男の人が眉を書くときに気を付ける事

  3. コラボセミナーでヤバいヤバい!危なかったこと!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する