眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【薄眉さん必見】眉毛を書くときのコツ

vol.4496

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日YouTubeのコメントに
眉毛が少なくなってきて
どうしよう…。

そんなコメントがあった。

眉毛…というか
毛の仕組みは先日のブログを
参考にしてみて♪
↓↓↓

そして
眉毛を書くときに
どうやって書いたらいいか…
それにも手順がある。

眉頭に生えている眉毛を
スタートとして眉山に向かって書いて
眉山から眉尻へ。

このように眉毛を書こうとすると
左右の眉毛の形が違うく仕上がる。

さらに
毎回違う仕上がりになる人も…

薄眉さんの場合
安定して慣れるまででもいいから
眉毛を書く順番は
【眉山→眉尻・眉山→眉頭】。

この順番で書いてみるといい。

眉毛を書く時に
上手く書けない原因の一つに
『目安がわからない』
ということがある。

眉山の
左右の間隔も左右の高さも
なんとなく書くより

眉山を決めてから
眉毛を書き始めるだけでも
書きやすさが格段に上がる。

************

①眉山の位置をだいたい決めたら
 眉尻は目尻と平行になるように書く。

②眉山から眉頭に
 つなげるように眉毛を書く

③急に細くなったり
 太くなったりせず
 ガタツキが少ないように整える

************

この3ステップをやってみて♪

眉毛が薄い。
無いように見える。
ということは

自在に
なりたい印象を作ることができる!
ということでもある。

そして
令和6年7月27日(土)に
いまさら聞けない大人のマナー講座と
魅力を引き出す眉講座があるよ♪

講座のあとは
4000円のコース料理を
一緒に食べれるよ♪

気になる方は
コメントまってまーす♪

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ここでも『マラソンは人生の縮図』という意味を味わった

  2. 犯罪と奉仕と生きがい

  3. ペンシルで眉を書いてもブラシが必要な理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する