眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

三内丸山遺跡のお墓には秘密がある

vol.4251

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日
SHOGENくんと一緒に巡った
三内丸山遺跡ツアーで

SHOGENくんが思い出したのは
ブンジュ村の村長の最期の言葉。

「人類の役割は
 祝福するために
 生まれてきた」

さらに、印象に残ったことは
縄文の時代から亡くなった人に
想いを馳せていたこと。

三内丸山遺跡の集落の
入り口と出口にはお墓がある。

南側からの入り口にある
お墓には石で囲っているお墓が22基。

これは
村の中でも地位の高い人だったって
思われる!

でも
北側にあるお墓には石がない。

ただし
お墓の中の服飾品に
大きな違いはなかったことから

全く身分の差が
無かったわけではないけど
同じように接していたことが
想像できる。

縄文時代の遺跡からは
人を傷つけるような武器は
一切見つかっていない。

14,000年も続いた理由は
何だったのか。

タンザニアにあるブンジュ村に行った
SHOGENくん。

村長や村の人から教えられたことは
・自分の一番のファンであること。
・小さなことに幸せを感じる事。
・信じているよと伝える事。
・誰かと比べるのではなく
 自分を満たして
 溢れた感情で目の前の人を喜ばせる
という事。

これは縄文時代の人から
教えたもらったこと。

争うではなく分け与える。

だから14,000年もの間
平和な縄文時代が続いた。

この時から
亡くなった人を敬うことをしているとは
同じ青森人として、誇りに思う。

 

今日は星がキレイ。
空を見上げる心の余裕が
今こそ意味があることなのかもね。

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉メイクがなぜ上達しないのか?その理由は今の位置を知ることから

  2. アスリートで眉を書くことが多い競技

  3. 同じ道具を使っていても眉が上手に描ける方法がある。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する