眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

3月で講演活動を一旦終わりにする崔燎平さんの言葉で人生観が変わったひと言。

vol.4243 

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

今日の倫理法人会の講話は
青森県倫理法人会の
先頭を走ってくれている
西村一弥さんの講話。

西村さんは
倫理法人会ができる前の
勉強のスタイルを作ってくれた
滝口長太郎さんの生涯から

学びや商いや生き方について
話してくれた。

戦前、漁師の中でも
カースト制度のような
階級社会のなか

一番下の階級で生業をし
周りからバカにされ

普通は落ち込んで
道を踏み外してしまいそうな状況でも

滝口長太郎さんは
視点を変えてV字回復。

この起点になった言葉が
『打つ手は無限』。

この言葉は
青森市倫理法人会の名刺の裏に
印刷されている。

***************
『打つ手は無限』

 すばらしい名画よりも
 とてもすてきな宝石よりも
 もっともっと大切なものを
 私は持っている

 どんな時でも
 どんな苦しい場合でも
 愚痴は言わない

 参ったと泣き言を言わない
 何か方法はないだろうか

 何か方法はあるはずだ
 周囲を見回してみよう

 いろんな角度から眺めてみよう
 人の知恵も借りてみよう

 必ず何とかなるものである
 なぜなら打つ手は常に
 無限であるからだ

引用:滝口長太郎
***************

西村さんは
滝口長太郎さんの生き方から
習慣と実践は同じ行動でも
違うと話していた。

習慣とは普段やっていること。
実践とは普段は
やらないことを選んでやってみること。

自分を変えたいと思ったら
今までやっていないことを
実践してみる。

でも
それにはめっちゃ勇気がいる。

その勇気の一歩を踏み出すには
周りの誰かの存在が大きい。

あの人が頑張っているから…とか
みんなに応援されているから
やらずにはいられなかったり…

そして、結果はともあれ
毎日続けて習慣になってくると
また次のステージに行くために
新しい実践をする。

ぼくで言ったら
ブログを毎日投稿する!と
勇気を振り絞ってやってみて

習慣になって
それなりに文章が書けるようになって

今は
それに加えて動画配信にも挑戦。

これも
「動画配信もいいんじゃない?」って
仲間に背中を押してもらったり

「すごいじゃん!」って
褒めてもらったり

何より自分の成長を
自分で認めることで
確実に成長を感じている。

改めて
人との出会いが
人生を変えるカギだと思っている。

そのことを
始めに教えてくれたのが
予約の取れない開運アドバイザーの
崔燎平さん。

来年の3月で一旦
講演会の活動はストップするから

青森で
崔さんの話を聞けるのも
しばらくない。

さらに
ボランティアスタッフでの懇親会では
YouTubeでは言えないことを
話してくれるみたい。

青森のボランティアスタッフは
あとわずか!

申し込みは11月2日まで!

実際に行動することと
目に見えない運を
味方に付けるためにも
崔さんの講演会にきてみて♪

崔さんの話は
どんな状況であろうと
気持ちが前向きになる!

申し込みフォームや詳しくは
↓↓↓
https://onl.tw/A4wJUJn

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ペンシル1本で眉が描けるようになったお客様の例

  2. 眉スタイリングの進化。『眉毛3.0』とは・・・

  3. 手の震え。描かなくても眉はきれいに仕上げられる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する