眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

家系図を作ってわかった新たな事実。自己肯定感を高めるためのヒントは家系図にあり。

vol.4134

自分の名前って好きですか?

数年前までは
自分の名前は当たり前にあるもので
特に関心もなく
好きでも嫌いでもない…

そんな状態だったけど
ある時から、自分の名前に
愛着が湧いてきた。

これは
体験してよかったと思う。

なぜなら
自分に自信を持ったり
自己肯定感を高くすることに
直結するから。

そんな内容を
今日はお伝えするね♪

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

先日、家系図を作ろうと
戸籍謄本を取るために
青森県は桜の名所である
弘前市に行ってきた。

 

前にも
家系図を調べたけど
今回はまだ調べられていない
ご先祖様を。

我が家の家系図を作ってみて
わかったことなんけど

明治・大正時代は
兄弟が多いだけじゃなく
養子縁組されていることが
多かった。

それだけ家を継ぐという事が
大変な時代だったということが
わかる。

そして
今回、父方の家系を
江戸末期まで
掘り下げていったら

あるご先祖夫婦は
子供に恵まれずに
男の子と女の子を一人ずつ
養子縁組して

その後の繁栄に
つながっていたことが
わかった。

その事実を知った時
名前を後世に残そうと
必死になっていたんだと
感じた。

家系図一覧を見てみたら
こんなにも
関係者がいるんだと
感じると同時に

名前を引き継ぐために
いろんなことをしてきたと思うと

鳴海という名字に
めちゃくちゃ愛着が湧いてきた。 

先日、書道家の
しゅうてぃ先生と対談動画を
撮らせてもらったとき

名前を書くことの大切を
教えてもらった。

物心ついたときからある名前は
当たり前じゃなくて
ご先祖様が引き継いできた名前。

名前だけじゃなく
住所を書くにも丁寧に書く
という事は
その土地に感謝する意味になる。

そう言われて
住所や名前を書くときは
「面倒くさい」ではなく
丁寧に書くことを意識している。
(もちろん急ぎじゃない時ね)

すると
面倒くさいと思っていたものが
自分の名前に
興味を持つだけじゃなく

当たり前に
感謝する気持ちが深まってきた。

自己肯定感を高めるためにも
必要なことは
無いものに目を向けるのではなく
もうすでにあるものに
目を向けてみること。

ぼくもこの感覚を掴んでから
だいぶ変わった。

大事なことは
どこか遠くにあるのではなく
すぐ身近な所に
あることが多いのかもしれない。

もし、
家系図を作ってみようと思ったら
ぜひ
ご先祖様に想いを馳せてみて。

いろんな感情が
沸き上がってくるよ。

青森県弘前市の戸籍謄本は
めっちゃ可愛い。

桜の名所ってだけあって
戸籍謄本がさくら色♪

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 最短でどうしてもやりたかった眉レッスン

  2. 情報発信がうまく出来ないのはやる順番を間違っちゃうから

  3. 使ったがために逆効果に見られてしまう。買った後から大切なこと。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する