眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

近所の花屋さんから学んだ、本当の仕事の仕方とは…

vol.4062

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

今日は令和5年5月5日。
5が続く日でもあるし
子供の日(端午の節句)。

昔の人は節目節目に
1月7日、3月3日、5月5日
7月7日、9月9日は

”節句”として暦(こよみ)に
意味を持たせてくれた。

暦を意識するようになったのは
崔燎平さんと会ってから。

5月5日は
菖蒲(しょうぶ)の花を飾り
菖蒲の葉っぱをお風呂に入れて
菖蒲湯に入ることは

どんなに緊張したとしても
大事な所で本領発揮するための
勝負運を強めるために
昔の人がやってきたこと。

だから
昨日のうちに菖蒲の花と葉を
買いに行こうと思って
近くのお花屋さんに行ってみた。

すると
そこには花屋さんの
男の社長(70歳くらい)と
女性の従業員の方。

社長が目の前にいたから
「すいませ~ん」と声をかけて
菖蒲の花があるか聞いてみた。

すると
菖蒲の花はないみたいで

しかも
最近お花の市場にも
入荷していないらしい。

菖蒲の花って
アヤメ科の花で
似たような花に
「カキツバタ」って花が
あるんだけど

花屋の社長が言うには
「端午の節句に飾るなら
 ちゃんとした
 菖蒲の花じゃないとダメ」
と教えてくれた。

でも
花が無いのはしょうがなく
帰ろうと思ったら

「聞いてみるから
 折り返し電話するよ」
と言ってくれて
その場は一旦お店を去った。

すると10分後くらい
スマホに花屋さんから電話。

出てみると
さっきの社長からの電話で

「やっぱり入ってこないなぁ~

 …でもね

 もしかしたら
 ○○の花屋さんに行ったら

 あるかもしれないから
 行ってみて」

そう言われて電話を切った。

花屋の社長の言葉に
めっちゃ感動した。

自分の所では
花が無かったとしても

ぼくの欲求を満たすために
売り上げを他店に渡してでも
情報として教えてくれる。

さっそく
教えてくれた花屋さんに
行ってみたら

なんと
菖蒲の花が数本残っていてた!

菖蒲の花と葉を買えたことが
嬉しくて嬉しくて

車に戻ってから
いろいろと手配をしてくれた
最初のお花屋さんに
報告の電話をしてみた。

すると電話に出たのは
社長さんではなく
女性の従業員。

「菖蒲の花
 無事に買えたので

 社長さんに
 ありがとうございますと
 お伝えください」
と言うと

従業員さんも覚えてくれて
「は~い!ありがとうございます」
嬉しそうな声で答えてくれた。

損得考えずに
目の前の人に
全力で向き合うってお手本を
見せてもらった。

いま車で移動中によく聞いているのが
中村文昭さんの講演CD

「仕事の全ては
 値段を下げる事じゃない。
 CMを打つことじゃない。
 目の前の人を喜ばせること。

 アンタから買いたいんよ。
 そう思ってもらう事が大切」

この言葉は
何度も出てくる言葉。

端午の節句に
ステキなご縁を頂いた
菖蒲の花は

今日のお昼過ぎには
満開の花を咲かせてくれた。

そして
菖蒲の葉は菖蒲湯にして
お風呂に入れるんだけど

初めて見た”菖蒲の葉”って

巨大なニラw

******************

メンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicは
脱毛効果に
コミットしていきます。

青森市のメンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicの魅力は
↓↓↓
https://www.samurai-classic.com/lp/campaign/

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 久しぶりに身長を計ってみたら、なんと…

  2. 継続のヒミツ。一人で孤独でも仲間を見つけて継続する方法

  3. 人生を成功させる目標を書く時の3つのルール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する