眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ブログのネタがない。続けられない時に読んでほしいブログ

vol.4000 

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

ついに
毎日ブログを書き続けて
4000日。

本当~に
よく頑張ったと自分でも思う。

ぼくは決して
継続力のある人間ではなく

どちらかというと
直感で行動して
何かを感じて生きてい行く人。

今は
毎日ブログが習慣になっているけど

これまでに
何度か毎日ブログに挑戦して
挫折してきたこともある。

初めは毎日書くぞ!と
決めてやってみたものの
10日続いて

仕事が休みの日は
完全OFFにするため
ブログも休みにしよう。

そして
今日はネタが無いから
無理せず休みにしよう。

って感じに
毎日更新が週6になり
週4になり週1になり…

最後は1か月半も更新せず…
そんなこともあった。

最後は
ブログを書いていない
後ろめたさから

ブログにログインするのも
遠ざけていったほど。

そこから
今があるんだけど
続けるために何を変えたのか?

まずは
毎日書く!と決めた。
ってこと。

書くって決めたら書く。

内容が薄かろうが
どんなに時間が無かろうが
書くって決めたらか書く。

そして
一緒に頑張る仲間を見つけた。

ぼくがこのブログを書き始めたのは
2012年4月からだから
インスタ・Twitterよりも
ブログを書いている人が多くて
一緒に頑張る仲間がいた。

ぼくは美容の仲間が
毎日ブログを書くってことで
その後をこっそりと追って

「あの人は
 今日も書いたんだから
 ぼくも書く!」

そんな感じに
良きライバルとして
毎日続けていった。

毎日書いていたら
当然のようにネタは無くなるよ。
そりゃ~ね。 

面倒くさいし
書きたくなくなる。

でもね
ネタがなくなってからが
本当のブログを書く意味が
分かってくる。

ネタがあるうちは
楽しく書けるけど
ネタがなくなっても

書くと決めているんだから
自分の身を削るしかなくなる。

「実はこんなことを思っていました」
「こんな失敗した過去がある」
こんな感じに
ブログを書き続けていると

ブログを書きながら
「この情報って
 別にぼくじゃなくてもよくね?」
とか
「上っ面でこのブログ書いている」
…ってことを感じる。

それでも書き続けると
何のために
この仕事をしているのか?
どんな人を救いたいのか?

そんなことを強く感じながら
書ける日が必ずくる。

これが一番ブログの価値。

もちろん
集客のために…ってことも
あるかもしれないけど

ブログの本質は
あなたのためになる。

ノウハウのブログより
あなたを知って
信頼関係を作るのがブログ。

いま、
ブログが書けない…
何を書いていいかわからない…

そんな人は
チャンスはすぐ目の前に
来ているのかもしれない。

ブログは残るもの。
続けてきた軌跡は
お金じゃ買えないもの。

毎日書くという
自分との約束を果たせたら
最高の自己肯定感になる。

 

ほんと
2012年4月4日から
スタートして4000日って
すごいよね。

…日にち計算サイトで
計算してみたら3987日。なんで?

まぁ、
ブログを書いている人なら
あるあるだよね。

だよね?

.

.

.

.

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 最近イライラすることが多いなら眉を書こう

  2. わっかんさんの恩送りの法則を体感するために必要なこと

  3. なぜ眉を書くと人生が変わると言っているのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する