眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉毛の黄金比・ゴールデンバランスに当てはめて眉毛を書く

vol.3992

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日、オンラインで
眉レッスンをしたんだけど

眉を書くために必要なポイント
3~5つのポイントを知れば
それだけでみんな
眉毛は書けるようになる。

そう伝えて
最後はオンラインでも
眉毛が書けるようになったんだけど

目安がわかれば
眉毛が書きやすくなるだけど

その一つに
『眉毛の黄金比(ゴールデンバランス)』
というものがある。

黄金比っていうのは
人間が見て美しいと感じる
バランスのことで

眉にも角度とか
眉と目の間隔を何対何にするとか
当てはめていくのが
眉毛の黄金比なんだけど

ぼくは眉を書くとき
黄金比はまったく気にしていないのが
正直な所。

決して
眉毛の黄金比を
否定しているわけじゃないんだけど

眉の書き方を伝えていくうえで
眉毛の黄金比は
メリットもデメリットもあって

両方を見たうえで
眉毛の黄金比を
気にしない選択をしたんだけど

メリットは
キレイな眉毛の形がわかる。

一番デメリットを感じたのは
眉毛の黄金比に
当てはめようとすると
まぁまぁ修正箇所がある。

初めは変わる楽しさがあるんだけど
そのうち面倒くささと
修正箇所の多さに
自分の顔に自信が持てなくなってしまう。

昔は
コンプレックスや悪い所を
直すのが美容の役目だと
思っていたんだけど

ある時こんなことを感じた。

「コンプレックスを
 解消しても満足することがない?」

それから
悪い所を探すんじゃなく
いい所を見つけてみたら
どうなるんだろうって。

するとね
同じメイクをするにも
感情が変わるって
わかったんだよね。

悪い所を探していると
出てくるのは一瞬の笑顔。

でもね、
自分の良い所を見つけてみたら
自分自身の良さを見つけた
驚きと喜びで
笑顔が違ってみえたんだよね。

そんな経験もあってか
眉の黄金比はあるけど

それよりも
理想の自分に少しでも
近づけるように

自分で書けるようになった方が
良いんじゃないか?って感じて
眉の黄金比は気にしなくなった。

悪い所に目を向けると
いつも悪い所を探す癖が
ついちゃうんだけど

自分の良さを見る癖があると
見た目だけじゃなく
前向きに物事を
捉えられるようになる。

何かを目安にすることは
眉を書きやすくなるけど

ネガティブになるようだったら
一旦手放して

自分の良い所を見つけることを
積み重ねていったほしいと思う。

黄金比…というか
理想はあなたの理想の
イメージに少しでも近づくこと♪

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 掴みかけた理想が遠ざかる。それでも壁を乗り越えようと思った理由

  2. 身体は元々歪んでいる?左右対称の眉を描くときに大切なこと。

  3. スーパーの棚からヨーグルトが無くなる???

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する