眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

家系図を辿ってみたら不思議なできごとに遭遇した

vol.3939

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

お正月で親族が集まり
昔話に花が咲く。

去年、初めて
家系図を作ったこともあって

御先祖様の名前を言える
ありがたさを感じるんだけど

まだ2023年のお正月だから
家系図の話題を
今日のブログでしてみようと思う。

**************

家系図を作る前は
じいちゃん、ばあちゃん4人の名前は
すんなり言えたけど

ひいじいちゃん
ひいばあちゃんの名前は
誰一人わからなくて

少しずつ調べていくと
仏壇にあった写真(遺影)と名前が
一致してくるようになったり

年号と時代背景と重ね合わせて
今までにない感情で
ご先祖様を感じることが出来た。

家系図を作ると壁になるのが
住んでいる自治体が違うと
戸籍謄本を取り寄せるのに
手間がかかるんだよね。

郵送で取り寄せるか
直接その場所に行かなくちゃ
謄本を出してもらえないし

自分との関係を記す
戸籍謄本を取得したり
まぁまぁ大変。

そして、
最後、母方のひいじいちゃん
ひいばあちゃんの名前を知るために

ぼくが住んではいない町に行って
謄本を取り寄る書類を
書いている時にフッと

「これで8人のひいじいちゃん
 ひいばあちゃんの名前が
 わかるんだ…」と思った瞬間、

なぜか感極まる感情になった。

決して
悲しい訳でも嬉しい訳でもないのに
不思議な感じ。

涙をこらえて
戸籍謄本を受け取って
車の中でじっくりと見たときに
一気に涙が溢れて来た。

その後
母方のルーツである
お墓参りをしたいと思ったけど
場所がわからない。

ぼくが
小学生の低学年の時に
行ったきり。

そこで
母の実家に住んでいるおじちゃんに
「お墓参りに行ってみたい…」って
伝えてみたら

おじちゃんの仕事の合間に
連れて行ってくれることになって
待ち合わせをした。

このあと不思議な現象が起きた!!

おじちゃんと合流して
車2台で行くことになり
おじちゃんの車の後を
ぼくが付いていくことになった。

車を走らせると
すぐに赤信号で停まって

「やっとこれで
 両方のお墓参りを
 することができる~」
ってルンルン気分で
フッと車のメーターに目を移すと

走行距離を表すトリップメーターが
「3939」になっていた。

偶然かもしれないけど
これにはさすがに
鳥肌がたったよね。

きっと
「ありがとう(サンキュー)」って
伝えたがっているんだ!と思って
嬉しくなった。

そんな不思議な体験が去年あった。

他にも家系図を作った人が
共通して言うのは
不思議な感情になるってこと。

一度、家系図を
作ってみると面白い発見があるかも。

完成しなくても
御先祖様の名前を
知ろうとすることだけでも
意味があると思う。

そして
今日はブログは
毎日更新3939。

自分でも思うけど
ほんと、よ~く続けたもんだ。

数字のゾロ目だったり
時刻が自分の誕生日だったりすると
テンション上がるよね。

ブログを更新していると
数字の楽しさは語呂合わせで
楽しむという変な感覚になる。

ちなみに

他の車のナンバープレートを見て
『910』は工藤さん。
『310』は佐藤さんが運転しているって
勝手に名づける(笑)。

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. これ一つで言葉の重みが変わる

  2. 眉毛が難しいからと言って、放置していませんか?

  3. 5秒で印象を変える。眉のココを知っておくと簡単にできる。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する