眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

子供に対しての性教育はいつか向き合う事だから事前に知っておく。

vol.3891

 

 

広島2日目
この広島に来ているのは
経営理念をつくる合宿。

 

 

経営理念って
そこまで無くても
 

 

ブログを書いていて
伝えたいことを発信していれば
いいんじゃない?って
思っていたんだけど

 

 

眉ソムリエという活動と
脱毛という二つの活動の中で
ぼくが何を伝えていきたいのか?

 

 

頭ではわかっていても
言葉として見えるようにするには
いったん整理が必要と思って
参加したんだけど

 

 

テーマについて自問自答して
それを参加者同士で発表しあって
「それってどういう事?」
「共感できるか?」など

 

 

ディスカッションを繰り返して
少しずつ少しずつ
頭の中と言葉を磨いていく。

 

 

ぼくは、
「言葉がキレイにまとまり過ぎて
 どこにでもありそうな表現。」

 

 

そんな指摘をもらったり
相手のことを思うからこそ
言いにくいことも
ズバズバお互いにちゃんと伝える
そんな雰囲気だった。

 

 

改めて思うのは
その場の環境ってすごく大事で
さらに
その専門知識がある人がいれば
先導してくれるからなおさらいい。

 

 

九州にいる友達に
もともと大きな病院の産科で
婦長さんをしていた

 

 

くんちゃんこと
宮尾久美子さんっているんだけど
彼女は病院を退社して
今は性教育のことを
全国で伝えてくれている。

 

 

性教育って
ぼくが小学校5年生?6年生?の頃
保健体育の授業で

 

 

さらっと
体の仕組みを聞いたくらいで
詳しいことは男友達を通じて
少しずつ知っていった。

 

 

いまヤフーのニュースでも
性教育に関する話題を
見ることも多くなって

 

 

そのたびに
くんちゃんのことを思い出すんだけど

 

くんちゃんが言うには

 

 

いろいろ物事がわかってくる
小学校5年生頃からの
性教育の伝え方がある!

 

 

って言っていたのを思い出して

 

 

この時、
ぼくの娘に性教育をどう話すべき?
妻に任せっきりなのか?
父として娘に対する性教育は
しない方が良いのか?

 

 

…めっちゃ疑問が出てきた。

 

 

でも、くんちゃんって
北九州に住んでいるから
なかなか会えないし…って
思っていたら

 

 

オンラインで
子供の幸せな未来のために
親が知っておく性の事として
講座を開いてくれるみたい。

 

 

前にくんちゃんが話していた
親と子の姓に関する向き合いは
「普段の生活から
 話題に出した方がいい」って
言っていたのを覚えている。

 

 

ぼくは経験ないけど
自分の娘に対して
「ちょっとここに座りなさい…。
 子供というのはコウノトリがね…」
そんな説明、出来そうにない。

 

 

これまでも
生まれてくる赤ちゃん
ママさんに対して
向き合ってきたし

 

 

いままではリアルだったけど
親と子の性教育をしてきた
くんちゃんだからこそ
ヒントをくれると思う。

 

 

12月3日は
ぼくも参加するので
一緒に参加しない?

 

 
詳細・申し込み
https://docs.google.com/forms/d/1DO_PBm9wJOdTdiOYzN-nM_0mLeKE-z4wJiSorS5dKos/viewform?fbclid=IwAR2UKMwGzQBrqwgm4-V_o4mvST36TyvuqvMHlBksSbpmZPskH6eox2KUSmk&edit_requested=true#settings


性教育は生きる上では

大事な問題。

 

 

経営理念を通じて
自分のこれからやっていくことを
明確にしていく合宿も
今日が最後。

 

 

ぼく自身も
聞いてくれた人も
勇気がもらえたり
ワクワクする血の通った言葉を
最後、磨き上げてくる。

 

 

あまりに煮詰めすぎて
皮脂で顔がテカって
磨きあがらないようにしなくちゃね。

 

 

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ナチュラルな大人な雰囲気はココを変える!

  2. 経験した事がある人の話と憶測で理解する人では違って当然

  3. 眉毛をすんなり書けるようになるまでどれくらいかかる?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する