眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

アイメイクを濃くしなくても目の印象を強く見せる方法。

vol.3788

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

昨日は大阪。
京都で突然の途中下車w。

そして、
初めての滋賀県。

今回は出版記念講演の主役を
メイクアップするお仕事。

事前に
仕上がりの希望を伺ってみても
「おまかせする~」

おまかせ…
一番、むずいや~つ(笑)

おまかせ…って言葉は
表の表現なだけであって
実はちゃんと希望はもっている

なんて表現していいかが
わからないから
「おまかせ」って言っちゃう。

その頭の中にあるものを
引き出すのも
メイクアップのお仕事。

イメージが引き出せたら
後は細部にこだわる。

・汗を書いても
ファンデ崩れさせない。
・長すぎずガタツキの無い線。
・きれいなグラデーション。

そして、
眉毛。

あれもこれも
付け加えることが良いのではなく

引いてその人の良さと
なりたいイメージを
表現できるようにする。

そこまで出来ると、最後は
主役を”その気”にさせられる。

眉やメイクアップは
実際に印象を変えられるけど
それ以上に力強いのは、

「今日、いいじゃん」って
”その気にさせる事”。

これがぼくにとって
美容を伝える一番の醍醐味。

だから、2人をメイクした後は
いつもよりアイラインを
強調させてないんだけど

「目が違う!目が違う!」って
感動してくれた。

眉の輪郭や角度を
ちょっと変えるだけでも
目から伝わる芯の強さや

逆に
穏やかなまなざしだったり
目の大きさまでも
変えることができる。

たかが眉、されど眉!

その後は出版記念講演に
参加者として見ていたけど

メイクさせてもらった2人が
「口紅落ちて無いかな?」
「肌がテカってないかな?」
「目元くすんで見えてないかな?」
って

そっちの方が気になってた。

これも美容の人、あるある(笑)。


眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 効率よく最小の道具でメイクするか?必要以上に準備をしてメイクするか?

  2. 眉を書くときのペンシル、アイテムは何を使ったらいいの?

  3. ブログのアクセス数が爆発的に増えた理由とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する