眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

人より倍速で眉を上手に描けるようになる秘訣。

vol.3589 

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

化粧品店をしていた時は
家に帰ったらなるべく早く
メイクを落としましょう!
と言っていたけど

改めて言わせてもらうと…

もったいない!

すぐにメイクを落とす前に
あるひと手間で
眉の仕上がりが変わる

そんな発想がある。

眉の仕上がりを変える方法
というのは

メイクを落とす前に
もう一度眉を描いてから
メイクを落とす。

朝メイクをして
これから誰かに会うという時
突然、今までやったことがない
眉の描き方でチャレンジって
出来ないよね?

常に
最高の仕上がりになるように
眉は描くよね

しかも
朝、眉を描いたら
帰ってくるまで一度も直さず
過ごすことがほとんど。

もし、
眉を描くのが上手くなりたい。
眉で印象を変えてみたい!って
思うなら
メイクを落とす前に練習。

これは毎日じゃなくてもいいよ。

楽しそう!
やってみよう!って
ココロが動いた時だけでも
意識して眉を描く。

眉を描く回数で
上達スピードは必ず変わる。

例えば
いつも描いている眉を
メイク落としの前に描くなら
毎朝の眉が時間かけずに描ける。

印象を変えるような眉を
メイク落としの前に描くなら
バリエーションが増え
印象を作ることができる。

朝と夜1日2回も
意識して眉を描いたら
それだけ上達は早い。

朝は時間がないけど
夜なら子供と一緒に
遊びながら眉を描いてもいい。

義務的に描くより
楽しんで眉を描ける方が
発見があって学びが深い。

楽しんだ極みがコレです

↓↓

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉が書けないスランプに陥った時にすること

  2. お客様のことをよ~く知っているからこそ、見逃してしまうところ

  3. 同業者・ライバルに対する眉ソムリエの向き合い方。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する