眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

あなたの印象はもっと作ることができます

vol.3346

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

先日は結婚式&前撮りの
ヘア担当の美容師さんと
衣装屋さんに伺ってきました

事前にイメージの共有や
着用ドレスの画像や
ヘアスタイルのイメージ画像を
共有はしていたのですが

やっぱり実際に合わせてみると
見え方が違ったり
その場でアイディアが浮かんだりと
必要なことと感じました。

コロナが収まって
婚式が出来るとしたら
衣装チェンジの時に
ヘアスタイルを大胆に変えたい!
とのご希望でした。


チームとして
みんなで作っていきます

普段のメイクであれば
印象の8割を眉で
変えることができますが

華やかさで言ったら
ヘアにもドレスにも
影響力は
たくさんのところにあります。

衣装やヘアスタイルに負けないよう
お顔の印象も合わせていく!

ただ、濃くするのではなく
新婦様の雰囲気や希望に合わせて
作っていくので

濃くする=ケバくなる
ってことではないです。

こんなことも
事前に合わせることで
お互いがスムーズに
専門分野に没頭できます。

今回の前撮り&結婚式では
新婦様の印象を
4つ作っていきます。

洋装&和装…さらに
その中でも印象を細かく作ります

眉って
中級者くらい書けるようになると
バリエーションを
作れるようになるんですよ

バリエーションを作るって
難しそうに感じますけど
実はそうでもないです

簡単に言えば
・可愛らしい
・大人っぽい
・大人カワイイ

これは、眉ひとつでも
作ることができます。

さらに深く解説すると

可愛らしいであれば…↓
アーチ眉にして
色も少し薄めにする

大人っぽくであれば…↓
ストレート眉を意識するために
眉カットの時点で
ストレートにして

さらに
少し角度をつけるために
眉山の位置を少し高くする。

大人カワイイであれば…↓
アーチ眉にしておいて
眉山を少しハッキリ目立たせる

もしくは
アーチ眉なんだけど
眉の輪郭をハッキリさせる

こんな感じで
印象を変えることができます

こうなると
ますます眉を書くのが
楽しくなっていきます。

今日は
「可愛らしい雰囲気ににしよう!
そのために
洋服もヘアも合わせて…」
なんてことも出来ます。

逆に今日はパンツスタイルで
少しキャリアウーマン風を装う!
なんてことも

初心者から眉が書けるようになると
いつも同じ眉になって
ある意味、安定の顔ではあるけど

マンネリに感じることもでもあります。

そんな時に
バリエーションを増やす方法を
知っていたら

一気に
眉を書くのが楽しくなるんです。

単調な毎日は何時か必ず
”飽き” が来ます。

そんな時こそ次のステップに
成長するチャンスなのかもしれません。

眉を書くことは
1つの自己実現の達成です。

周りの環境で
流れに乗って生きる時も
自分の意志で
感情に向き合うのも
両方あるから意味がある

一見関係ないように感じますけど
眉を書く意識から始まります。

もう少ししたら
バリエーションを増やす
眉セミナーも開催していきますね♪


こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ

https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネガティブな感情ってありですか?なしですか?

  2. 清潔感は顔だけじゃない。「手」も含んでいますからね

  3. たとえ話を使って話をするとなぜいいのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する