眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

自分には無理…と勝手に決めつけていませんか?

vol.3246




眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です




前回のブログでも

なりたいイメージ

について書いたのですが

↓↓↓





なりたいイメージを考えると
ある壁が出てくるんです。




その壁があることを知っていると
なりたいイメージを
自在に考えられるし




なりたいイメージを考えられたら
眉を書きやすくなるのは当然だし
あなた自身の可能性が広がることも
実感することができます。




なので今回は
なりたいイメージを考える時に
必ず出てくる壁と乗り越え方を
お伝えしていきます。




では、
今日も眉毛で人生変えていきましょう♪

その限界、誰が決めているの?



なりたいイメージを考える時
好きな人や憧れの人を
思い浮かべるといいのですが




フッとこんなこと思いませんか?

「私はあの人には似ていない」

「私はあの人みたいになれない」

どこか限界を決めちゃって
本心を出せなくなってしまうんです。




でも、大丈夫です。
本心で好きな人を思い浮かべます。




なりたいイメージを決めるのは
眉を書きやすくするためでもありますが
自問自答でもあります。




ここに価値観を感じる…
こんなところが好きなんだ…
自分自身を認める作業でもあります。




でも、ここまで聞くと
「あの有名人の顔になったら
人生幸せだろうな~」

そう感じる人もいるかと思います。

芸能人顔=幸せではない



顔だけがキレイになったとしても
あなたがあなた自身を
受け入れることが出来なければ





きっと、何をやっても
その時だけ満たされて
また、物足りなくなります。




美容整形がそこに近いと思います。




美容整形することが
悪いとは思いませんし
それで、
心豊かに生きられるなら
むしろいいことです。




でも、整形がやめられない人とか
有名人でも、見るたびに
「あれ?こんな顔だったっけ?」
って思う人いますよね?





それを見るたびに
自分のコンプレックスを認めれず
整形でごまかしてはきたけど
時間と共に見慣れてきたのかな?




と感じてしまいます。






どんな顔であっても
自分自身の感情を認めてあげないと
満足はしないです。

オードリー・ヘップバーンになりたい



なりたいイメージを伺うと
ヘップバーンはよく出てきます。




ぼくの母もすごく好きで
寝室の壁にヘップバーンの
大きな写真を張っていました。




身だしなみでは
憧れの人を思い浮かべても
その人にするわけではありません。




例えば
ヘップバーンが好きだからと言って
モノマネメイクをするわけではなくて




雰囲気を取り入れすのです。




ヘップバーンなら
妖精のような可愛らしいとこが
すきなのか?




もしくは
可愛い中にもキリッとした
目ヂカラ感が好きなのか?




何を感じているかは
あなた次第。




その素直な感情を
眉で表現していくのが
眉のすばらしさです。
だって印象の8割は眉ですから





なので
あんな顔にはなれない。と
壁を感じても、いいんです。




あなたの好きな雰囲気を
プラスできるのが眉です。
しかも、
かわいいと大人っぽい
一見、難しそうな組み合わせも
叶えられます。




いつもの自分よりちょっと違う
この感情の積み重ねが




自分を好きになっていく秘訣です。




つまり、
自分を認める
です。




眉を書くのは
ただキレイな眉を書くのが
ほんとうの目的ではありません。




あなた自身を認めたり
それで
あなたが前向きに行動するための
眉!




なんでございます。





なりたいイメージ
大切ですよ♪








こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら




無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。




眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 卒業式、卒園式に出席の黒スーツに合わせる口紅

  2. 商品を売るためにメイクレッスンをしても商品は売れなかった…

  3. 雰囲気変わった?と言われる本当の理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する