眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉山の筋肉が気になる人の眉を整えるコツ

vol.3243

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です




先日、音声SNSのクラブハウスで
美容関係の方々と話をしていると
眉の話を振られるのですが




自分の専門分野だと
次々言葉が出てくる出てくる(笑)




その中で
話題になったのが
眉山の筋肉が気になる!




眉山の筋肉問題…
眉山を無くしたいのに
眉カットしても
眉山が無くならない。




この場合の整えるコツを知らずに
試行錯誤して整えた後が
青くなってイヤになる人も多いです。




眉山の筋肉が気になる人の眉は
整えるコツがあります。




なので
今回は眉山が気になる人の
眉の整え方と




そもそも眉山が気にならない
眉の意識の仕方を
お伝えしていきます。




では、今日も行ってみましょう♪

眉山の筋肉




眉を整えていると
必ず出てくる問題です。




眉山の筋肉は
目の周りをぐるっと囲む筋肉と
髪の生え際に向かって縦の筋肉が
ぶつかるところなのです。




筋肉なので
眉山の毛を切っても抜いても
影になるんですよね




昔は
コンシーラーで影を
消してやる!そう思っても
筋肉の影には勝てませんでした(笑)




じゃぁ、眉山の筋肉を
どうにかしようと思ったら
頭皮マッサージ/ヘッドスパをした方が
期待できます。




顔も頭皮もつながっているので
頭皮が硬くなると
重力に逆らえなくなります。




柔らかい頭皮で
キュッと引きあげられる頭皮に
してあげた方が良いです。



じゃぁ、もうどうしようもないのか?




いえいえ、それを
どうにかするのが
眉ソムリエですっ

視野を広げて眉毛を見ていく




眉山が気になると
眉山に意識が行って

困った
困った
どうやって眉山を無くそう…





そう思いますよね?




ここを意識を変えます




眉山が気になる…ということは
印象としてキツく見える。




もしくは
キツく見せたくない。
柔らかい印象にしたい。
ってことですよね。




ということは
眉全体の形を変えて
印象を変えてあげます。




眉毛の形を変えるって
難しそうに感じますよね?




お任せください!
それも簡単に伝えるのが
眉ソムリエのお役目ですっ(2回目)

眉の形を変える3つのステップ



眉山の筋肉が気になる場合
1本~3本くらい眉山の眉毛
抜いちゃいましょう。
(眉カットでもいいけど
青く残るのが気になるなら抜く)




次に
眉頭の下の眉毛も
1本~3本抜くもしくは眉カット
しちゃいましょう




最後のステップ
眉頭と眉山の下に眉を書き足す

3ステップをまとめると

①眉山を1~3本抜く/眉カット
②眉頭の下1~3本抜く/眉カット
③眉頭の上と眉山の下に眉を書く

そして、
鏡で眉山だけではなく
顔全体を見てみましょう。




あなたの印象を見るのです。




相手があなたの顔を見る時
一番どこを見ていると思います?




化粧品メーカーの調査では
8割以上が目です。




目を見てから全体を見るのですが



眉は1割も見られていません。




なので
全体で意識して見てみましょう!




眉山は筋肉によるものなので
眉だけじゃなく頭皮の柔らかさも
大切だよ!




ってことを
伝えたのですが




全体を見ることが大切です。




余談になるのですが
顔の血色感を出そうとすると
フェイスマッサージがありますが




フェイスマッサージだけじゃなく
血流を良くするための
半身浴や緊張で力が入った身体を
ほぐして筋肉の緊張もほぐします。




俯瞰してみることです。




人の体は
いろんなところとつながって
あなたが成り立っていますから♪



これもまた
眉ソムリエとして伝えられること(3回目)




ということで
眉山だけじゃなく眉全体
眉だけじゃなく体全体を





たまにでいいので俯瞰して見て
大切にしてあげてくださいね

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら


無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉が難しい!原因を突き止めていったらこんなところにもあった!

  2. メイク、ヘアアレンジのやり方を知ることと、もう一つ考える事

  3. ダンボールの可能柄は無限大だった…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する