眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

たくさんあり過ぎる眉毛の書き方情報をどう調べていくか?

vol.3234


眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です



眉毛を書く時
自分で方法を探すことも
出来ます。



ただ、問題なのは
それが自分に合っている事なのか?



これが最大の問題です。




この問題を解決しないと
情報を得れば得るほど
眉毛を難しく感じます。




だからこそ
情報収集のコツを知ることが
とても大切になってきます



歯医者さんからの”ひと言”



昨日は定期健診で
5か月ぶりの歯医者さんだったのですが




いつも注意されていたのが
下の前歯に歯石が付きやすい。
ってことで




前回の定期健診から5か月
1日も休まず1日1回の”糸ようじ”
(1,2回は忘れたかな?w)




そして、見てもらうと
先生にも歯科衛生士さんにも
「歯石が少なく素晴らしい状態です
引き続き頑張ってくださいっ」





お褒めの言葉をいただきました。




つまり
「ここを意識してください!」
という歯医者さんの
ピンポイント指摘があったから




毎日糸ようじして
歯石も少なかったというわけです。




これと
同じように

あなたにとって
意識すべき点

ここを知っておくと
続けやすくて、しかも
結果が見えるから楽しいんです。

 

眉毛が難しいのは一生懸命さ?



やるべきことがモンヤリしていると
どの情報を得ていいか
わからないですよね?



その不安を打ち消すように
情報収集して乗り越えようとします。




一生懸命やればやるほど
たくさんの情報を知って
「私って、何をすればいいの?」と
疲れてしまうのです。




時間の無駄だった~と
思うかもしれませんが





その一生懸命さやこれまでの情報収集を
無駄にはさせない方法があるんです

情報の取捨選択


情報を得たということは
それだけ、あなたの中に
引き出しが増えたことも事実です。


なので
今、あなたに必要な
眉の情報は何?と
考えてあげます。




例えば
可愛らしい印象にしたいなら
可愛らしく見える眉のイメージ




これが頭の引き出しから
取り出すんです。




・可愛らしいイメージだったら
直線的な眉よりアーチだよね。
・アーチ眉ってどうやって書くっけ?
・パウダーとペンシルどっちが良いっけ?




などなど
可愛い眉のイメージを決めると
これまでの情報が生きます。




また、
今日は大人っぽいイメージに
してみよっかな?
って思ったときは



・可愛いイメージとは逆だよな?
・眉毛の輪郭はハッキリさせてみよう…
など、書き方が出てきます。




日常生活で
赤い靴が欲しいな…って思ったら
妙に赤い靴を履いた人が
目につくようになった…という
アレと同じです。







やるべきことや目指すことが
明確になれば、
あなたに合った情報が
どんどん入って来ます。




ここがわかると
眉の書き方も実はシンプルだ!
ということを感じます。




さて、
あなたに今必要な情報は
一体何ですか?




目指すポイント(なりたいイメージ)を
考えてあげると見えてきますよ



おすすめ関連記事
↓↓↓


こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら


無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。


眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 失礼がないように顔に触れる…つもりが逆効果につながる

  2. ハンサム眉で大切な色選び

  3. 厚化粧じゃないのに化粧映えをさせるためのメイク箇所とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する