眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

魅力的に見せる秘訣は「眉を書く時にあり」

vol.3233


眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です




最近話題のクラブハウス
登録してみました。




ぼくは新しいもの好きというよりは
実態が少しわかってから
入っていくタイプですが




同時に好奇心旺盛でもあるので
クラブハウスのアプリを
ダウンロードしてみました。




実際、ルームに入ってみると
ガンガン交流しているし
話に割って入るって
結構メンタル的勇気がいること
ですよね。




トーク力に自信がある人は
そんなこと気にせずにいいのですが
どうしたら入っていけるのか?
(ぼく自身、トークはとくいではない




1000人くらいのルームで
手を挙げて話してみたので
何か参考になればと思って
今回のネタにします(笑)

クラブハウスは”うもれびと”の集まり



一番重要なのは
飛び込む
勇気(笑)



隙があったら「いいですか~♪」と
すかさず発言!
結構?かなり緊張しました(笑)



まだまだ未知の部分が多いですけど
困った事には
みんな助言しあう雰囲気のroomでした。




「○○に困っています」と
誰かが話を振れば
参加者が各自の持論や体験談から
「へぇ~、なるほど~」な
有益なことを話してくれます。




その提案を最終的に採用どうかは
あなた次第なので
直感でいいものを選ぶと◎ですが




これがまた次々と出てくる…!



実はすごい才能を持っている人けど
埋もれている日って

世の中にたくさんいるんだと
感じましたよ。




普通の話をしているだけなのに
その場が笑えてしまったり和んだり
皆、何かかしら才能がある!

共通の話題はテッパン



住んでいる地域や趣味は
ひと言でもあると
「私も~」と盛り上がります。



入学したとき共通の話題があると
急に仲が近く感じる

あの安心感に似ています




ぼくがたまたま入ったroomでは
「多くの人に発言のチャンスを…」
という初心者向けだったので




何を話すか事前に決めておくと
いいかもしれませんね。




明日も勇気をもって(笑)発言してみます

文章と言葉の違いと共通点

まず違いで言ったら
レスポンスの速さがあります。



そして
共通すると思ったのは
どれくらい対話できるか?




一方的に良いことを伝えることは
決して悪いことではないのですが
それを相手が
どのように捉えるかは未知です。




このギャップを埋めるのが対話です。



実は
あなたが眉を書く時にも
共通していて



対話上手な人は眉メイクが上手
ということも言えます。




対話ができるっていうのは
例えば、
感動できる映画と
そうじゃない映画の違いって
何か知っています?




映画のストーリーが
自分ごとのように感じられるか?




「よかった!嬉しいね!」
「それでも頑張るんだ‼」
「つらいよね…」



感情が入って
自分のことのように思えると
感動します。




このように
眉を書くポイントと
どんなイメージになるか?
書いてそのようになっているか?



こういった対話ができる人は
眉メイクが上手…
眉メイクというか全体を見て
魅力的な人に見えます。




プレートを使って眉を書く
だけもいいけど




たま~にで良いので

・どうしてこのイメージになりたかったんだっけ?
・眉山の位置を変えたらなんか印象違うよね?
・イメージ通りの印象になったかな?

こういった対話ができると




眉を書くのが楽しくなってきます。
楽しくなるということは
余裕ができていることです。




余裕ができるから
その人の魅力が出てくるのです。

いつもピリピリしている人には
魅力というか威圧感の方が
感じますでしょ?




余裕を作るためにも
たまに眉を書く時
対話をしてみてくださいね♪

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら


無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2018年のトレンドは大切!それと同時に大切なもの

  2. アイシャドウの色選びはプロの意外な判断基準!

  3. ブログは仕事なのに書けない時に読んでください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する