眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉毛が少なくても眉毛を書けるようにする方法

vol.3159
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない
眉ソムリエ®NARUMIの
近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
✨眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
*********

これまでの動画を見直していたら

こんなこともやったな~(笑)






半分眉毛を剃った…




これは画像加工とかではなく

本当に剃ったのですが




毎日眉を書く習慣が無かったので

毎朝眉を書くことが習慣になり




中には

眉毛を書き忘れて外出することも

ありました。




眉毛の量で言うと

間違って剃ってしまった人もいれば

昔抜きすぎて生えてこなくなった

年々生える量が少なくなった




こういった声をよく聞きます。




そして

「眉毛が少ないから…」

と言って眉毛を書くことに

苦手意識を持っちゃう人もいます。




眉毛が少なくても

眉毛は上手に書けます(断言)

むしろ、

眉毛が無いから上手く書ける

とも言えるんです。




今回は、そのことについて

書いていきます。




表と裏がある



なぜ、眉毛が少ないと

苦手意識を持ってしまうかというと




書く範囲がたくさんあるから

なるべく書かない方が自然




そう思っていませんか?

その一面も確かにあるのですが




逆に言ったら

眉毛があるから

思い通りな眉を書けない




ってことでもあるんです。




眉毛が申し分なく生えていると

眉山の位置や眉尻の角度を

自分で決めるというより




元々生えている眉毛に

ゆだねていることなります。




眉頭から書き始めた眉が

なんとなく眉山を通過して

なんとなく眉尻へと下りて

延長線として書きのばす。




こんな風に書いていませんか?

この書き方が悪いわけではないですが




元々生えている眉が

あなたのなりたいイメージに

合っているとは限らないんです。




さらには

左右対称の眉の形になっているとも

限りませんよね。




なので

眉を間違って剃ってしまった

眉毛が少なくなってきた…

というのは




なりたいイメージにする

チャンスでもあるんです。




イメージを作る最大のポイント



それは

眉山の位置です。




眉山の位置には2つあって

横の位置と縦の位置です。




①横の位置というのは

それだけでキリッと雰囲気に見えるか

可愛らしい雰囲気に見えるか?




これが変わってきます。




眉山の位置を

顔の中心(内側)に持ってくれば

キリッと見えて




眉山の位置を

顔の外側に離すと

可愛らしくみえます。


下矢印下矢印下矢印




②眉山の高さで言うと

眉山が高くなる=眉山がハッキリする

こうなるとキリッと雰囲気や

ワイルドっぽくなります。




逆に眉山の位置を低くすると

やさしさや上品さが出てきます。


下矢印下矢印下矢印





眉山の位置が決まったら

眉尻は目尻と平行になるように

書きのばしてあげると




眉毛は書きやすくなるんです。




それだけじゃないです。

左右同じ眉をかけるようにもなるし

横顔がキレイに見えます。




近くで見れば

生えている眉毛なのか?

書いている眉なのか?

わかってしまうのですが




理想のイメージに出来るかどうか?は

眉毛があるないは、関係ないです。




なので

苦手意識を持たずに

つられずに思い通りにイメージを

自分で作ることができるんだ。




そう意識して

眉山・眉尻を書いてみてくださいね。




眉の書きやすさは

断然違いますからグッグッ こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
YouTube動画も更新しました✨
http://urx.blue/ijNw
それでは、またっ
眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
ホームページ✨
https://mayusomurie2020.com/
お仕事、メディア関連のお問い合わせメールはコチラ✨
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ
代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. いつものお化粧にマンネリを感じるならコレで10倍のバリエーションが出来る!

  2. どこまで対応してくれるか?これも信頼関係ですね

  3. なりたいイメージを見つける!というのは、その時のなりたい顔…?ではないのです

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する