眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

今すぐできる尊敬される眉テクニック

vol.3041
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない
眉ソムリエ®NARUMIの
近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
✨眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
*********

アメリカ大統領選挙

バイデンさん当選確実





ぼくが24歳の時

英検5級の語学レベルで行った

アメリカ、ワシントンD.C




この写真を撮った日は

7月4日の独立記念日で




ホワイトハウスの前には

当時ブッシュ大統領の時で

反ブッシュ派の人なのか




カードを掲げてアピールしてた

(ぼくは英語読めないけど)







アメリカに行ってみて

感じたことの一つに

ミュージアムの迫力




THE・宮殿ビックリマーク


左右対称な大きな建物に

圧倒されてびっくり「すげ~」って

言葉しか出てこなかった




先日のオンライン勉強会で

あなたにとって美しい(人・事・もの)とは?




そんな投げかけがあって

ディスカッションがあったんだけど




まとまった答えが




本当に美しいものに遭遇すると

理由なんてない

目・心が奪われるから

「うわぁ~」って言葉しか出てこない




ってことに

みんなうなずいたんだけど




目を奪われるというのは

存在感を感じることなんだけど

派手かどうかは関係ないウインク


あなたが良しと思っている事と

相手が快適に思う感覚が

折り合った場所



多くの人が思ってくれるのは

眉がキレイだと

憧れの存在として

存在感をアピールすることができる




どうやったら

眉をきれいに見せられるか…ひらめき電球


方法はいくつかあるんだけど

今すぐできることは




①色ムラではなくグラデーション

②ガタツキを無くする




これができると

キレイ眉に見せることができるウインク


眉の形を変えることは

印象を大きく変えるから

大切で重要なことなんだけど




今すぐできるとしたら

色とガタツキの無さ

この2つ




これをさらに簡単に叶えるには

アイブロウブラシを使う事




色のムラは

ブラシで往復してあげると

グラデーションに仕上げやすいし



眉のガタツキも

ブラシで往復してあげることで

ごまかしが効く




眉の書き方を感がる時

根本から学ぶ方がいい場合と

今すぐできることから取り組んだ方が

いい人がいるから




直感でやってみたい!と思う方を

やってみてねウインク こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
YouTube動画も更新しました✨
http://urx.blue/ijNw
それでは、またっ
眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
ホームページ✨
https://mayusomurie2020.com/
お仕事、メディア関連のお問い合わせメールはコチラ✨
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ
代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 本当は”想い”があるはずなのに、ちゃんと伝えていますか?

  2. 私には出来ない。と思ったら、専門店・専門家に聞くことで解決の糸口が見つかる

  3. 失敗なく眉の色ムラを均等にする方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する