眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

メイク技術を高めるたった一つの方法

vol.3100
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない
眉ソムリエ®NARUMIの
近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
✨眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
*********

昨日の夜、

本を読む前に何気なくTVをつけると

化粧品売り場をしていました。





コロナでお客様もマスクをしたまま

店員さんはお客様に触れずに

言葉と仕草でお手入れ方法や

メイク方法を伝えていく。




番組の接客シーンを見ながら

一緒に「そうだよね、なるほど」と

ちょっと見るつもりが

最後まで見入ってしまいましたひらめき電球


コロナの前までは

マスクをして来店したとしても

マスクを外して接客し




お客様がわからなければ

手本にやって見せて

商品の良さを伝える

使い方を伝える




これがコロナで出来ないから

初めは絶望を感じたろうけど

言葉の使い方や表現方法を

工夫することで知ってもらう。




これって

実はお客様のためになる接客方法。




コロナ前だと

お客様がわからなければ

店員さんがお客様のお顔に

メイクをしてあげていました。




ただ、自宅に帰ると

どうやるのかわからなくなる。

ということが起きていました。




それが

お客様自身の手で

すべてをすることで

体が覚えてくれているから

自宅に帰っても1人で出来る




これはとても重要な事合格


美容師さん

ブローやセットをしてもらうと

イイ感じに仕上がるけど

翌日からは自分じゃ出来ない。




一応教えてもらっても出来ない。




それは、

頭じゃなんとなくわかっても

体が覚えていないからなんですよね。




そういうのがあって

眉の書き方レッスンでも

手を動かす時間を多く取っています。




自宅で一人で出来るまでがレッスン




そのためには

理解して→やってみる

この繰り返しなのですウインク


このブログでは

理解を深める理論や情報を

お伝えするので

後は実際にやってみるだけ




やってみると

わからないことが出てくるから

それを質問したり調べたりして

解決していくと

一人で出来るようになります。




マスクをするようになって

口紅、チーク、日焼け止めは

使わないことが

多くなるかもしれないけど




眉や目元は

あなたの言葉の重さを

変えてあげられるから

ぜひ一人で出来るようになってほしい。




そう思うのでしたひらめき電球 こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
YouTube動画も更新しました✨
http://urx.blue/ijNw
それでは、またっ
眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
ホームページ✨
https://mayusomurie2020.com/
お仕事、メディア関連のお問い合わせメールはコチラ✨
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ
代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 消えてしまう眉毛にはコレ!

  2. 失敗も成功も行動するからわかる。すべてをさらけ出した人の本気のプレゼン

  3. いい人生、素晴らしい生き様…って何が違うんだろうか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する