眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉毛を書くことは親子のコミュニケーションが取れるようになる。

vol.4362

意外かもしれないけど
眉を書けるようになるというのは

自分だけじゃなく
親子のコミュニケーションに役立つ。

こんにちは♪
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日
初めての奈良県に行って
眉レッスン。

その後
グループメッセンジャーで
眉毛の仕上がりを
お互いにシェアしていたり

フェイスブックで
近況を話してくれているんだけど

 

その中で
親子の関係について
参加してくれたかよちゃんが
シェアしてくれていた。

眉毛を通じて
親子のコミュニケーションが取れる。

これには
眉毛の書き方を学んだからって
こともあるけど

眉毛が書けるようになると
心に余裕ができる。

難しいと思っている眉が
書けるようになること。

印象がなりたい自分に
なっていること。

それだけで
心に余裕ができる。

心に余裕があるからこそ
人の話を聞くことができるし

人の失敗も
受け入れることができる。

人の悩みのほとんどが
人間関係って言われるけど、

心の余裕があれば
人を責めることも
少なくなるだろうし

自分自身を許すことも
出来るだろうし
行動もしたくなる。

人生を良くしていこうと思ったら
行動することが欠かせない。

本当に
眉毛はすべてを変える力がある。

無料のメルマガを登録していただく
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 成人式のメイクの色はどうやって選ぶ?

  2. 個性は見つけて生かし方がわかるから次に進んでいける

  3. なりたい自分になるための大切な秘訣。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する