眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

相手の本性を見抜ける瞬間

今、関西電力さんが
金品を受け取った問題が
連日取り上げられていますね。
お金と地位…
欲にまみれちゃったんでしょうかね?
始めの金品授受の時は
「これは良くないことだ…
…でも、お金。地位…」
天使と悪魔が葛藤して
「まぁ、今回だけなら、
バレないだろう!次はやらない」
という気持ちが
長年携わっていくうちに
欲の葛藤すらなくなり
グラサン「これはWin-Winな事ですから」
とか正当化して当たり前のように
変化していったんじゃないか?と
勝手に妄想していました。
(妄想大好きラブラブ
心の葛藤は
多少なり、皆、持っていますよね。
ボクは今年の7月に
閉店の決断をしましたが
その前にも
お店を閉めた方が
いいんじゃないか?と思って
仲間内で「店、もう辞めようかと思う」
と伝えた事があります。
この時は
結果が思ってたんと違う…と
疲れてきた頃で
やれることはまだまだ
たくさんあった時の事です。
仲間に伝えると
いろんな反応がありました。
ボク
「もう、店閉めようかと思っている」
仲間A
ショボーン「マジ?せっかく続けてきたのに
もったいないよ!もうちょっと
頑張ってみようよ」
仲間B
チーン「えっ?えっ?うそ?
(戸惑って言葉が出てこない)」
仲間C
プンプン「きっとやれる事はまだあるはず!
続けられる可能性を一緒に探そう」
みんな、気にかけてくれたのは
すごくありがたかったですが
その中でも
仲間Cが言ってくれた
「続けられる可能性を探そう」
これが突き刺さりました。
出来ない理由を見つけるより
出来る理由を見つめよう
こんな言葉があるように
その後、仲間Cと
厳しい意見を含めて話をし
出来る事を深掘りして
体当たりでやっていきました。
これが本業の専門知識以外の
経営の事や人間力の勉強を
ちゃんとする!という
きっかけでもありました。
仲間Cも
なかなかのクセを持っているので
ぐぅの音もでない
核心をついた事を言ってきますビックリマーク
仲間Cに「そりゃすげーな!」と
言わせたくて頑張っていた面も
正直ありましたね笑
相手の耳の痛い話って
責任感がなくちゃ
簡単には言えと思うんです。
きっかけを出したからには
責任を持つ。
そんな気持ちを
仲間から感じました。
もし、あの時
やれることもやらずに
諦めていたら、
「あの時こうしていれば…」と
後悔していたことでしょう!
本音を素直に話した時
本当の相手が見えます。
どんな気持ちで
その言葉を伝えてくれているのか?
良くなってもらおうという想い?
自分に酔いたいだけの思い?
厳しい意見には
こんな感情が見え隠れしますので
率直な意見を言ってもらうと
気付きってあるものですよ
(かなり勇気いりますけど滝汗
もし、厳しい意見の討論に
たまたま出くわしましたら
すぐに牙をむいて否定するではなく
い・ち・お・う、一旦受け入れて
客観的に見てみるようにしています
なんたって、
猪突猛進型のボクですから笑い泣き
  • コメント: 0

関連記事

  1. ハーフパイプの審査が誤審だった?結果が大事なのか?過程が大事なのか?

  2. ホワイトボードのイラストで家族円満

  3. まぶたが気になる人の眉毛のポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する