眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

失敗したくないから無難な色を選ぶ?専門家はその殻を破る役目がある!

vol.193

先日来てくれたお客様(仮名Aちゃん)

以前もお店に来てくれた方で

今回の来店目的は

口紅が欲しいとのことありがとう(男)ありがとう(男)ありがとう(男)

いつもはドラックストアで選び

友達と会ったり家族の会話で

ウインク「その口紅、似合ってるよ」

キョロキョロ「その口紅、なんか浮いてて変」

と話して、その声を参考に

また口紅を選んでいた。

ところがAちゃん、

ある日・・・

オレンジ系の口紅しか

持ってないじゃんかー

と気づく。

んで、たまには他人に
選んでもらおうかな?

 ってことで、
ボクを頼ってくれたありがとう(男)

 
 
 
 
昔のボクだったら
「口紅が欲しくて…」という
お客様が来ると
 
 
 
こんな質問を返していたこれ↓
 
「いままでは
どんな色を使っていましたか?」
 
 
 
 
すると、お客様は当然
「〇〇系の口紅を使っていた」
 
また、実際に
使っている口紅をバックから出して
見せてくれたりするウンウン
 
 
ここまでは、
よくある光景だけど
その後がイマイチだった…。
 
 
 
似たような色を選んで
その同系色しか
提案していなかった
 
 
というのも
ボクの頭の中には

化粧品のプロとして
口紅選びを失敗したくない!
というのがあった
 
…変なプライド(笑)

 
 
だから
 
チェック今つけている口紅
チェック似合う&気に入っている
 
 
だろう。と思って
無難に今つかっている
同系色の口紅を提案していった



だけど、ある時から
これならボクじゃなくてもいい。
 
 
と思い始めて
化粧品を伝える側として
ボクのありたい姿を求めた。
 
 
 
そのありたい姿とは
 
化粧品を扱うものとして
視点を変えるプロ
 
 
 
 
 
今もそうだけど
情報がいっぱいあって
 
 
美容情報が間違って
受け取られている
という現状
 
 
 
 
「〇〇じゃなくてはいけない」
「〇〇は良い。〇〇は悪い。」
という偏った考えが多く
 
 
その時、ボクは
もっと柔軟な視点になった方が
視野が広がると思っていたので
 
 
そのきっかけ作りの立場に
なりたいと思っていたのだひらめき電球
 
 
 
それからは
口紅選びでも
 
初めは
「どんな色を使っていましたか?」
という質問があっても
 
 
大切にしているのは
チェックどんなイメージになりたいのか?
チェック口紅を欲しいと思ったきっかけ
チェックどんな雰囲気に見られたいか?
 
 
 
そんなことを聞きいて
その人の真意を受け取ろうと
質問をしている。
 
 
 
だから、多くのお客さまは
「自分でだったら
絶対に選ばない色でした」
 
と言って
普段は選ばないであろう口紅を
買っていってくださる。
 
 
今回のAちゃんも同じく
「自分では選ばないけど
顔色が明るく見えていい感じ」
 
 
と言い残してくれたウインク
 
 
 
もちろん
 
お客様にもこだわりや
この色が安心する!という
希望もあるから
 
お客様の気持ちを
しっかりと尊重しつつ

プロとしての意見も伝えていく
 
 
ここまで行くと
誰でもできることではなく
 
 
相手の気持ちに寄り添った
唯一無二の存在になれると
ボクは信じています。
 
 
 
誰だって
唯一無二の存在だと思うし
どうしたらそれがわかるのか?…
 
 
ボクとしてもこれからも
常に磨いていくところですねニコニコ
 

インスタグラム
こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi 

動画のチャンネルは
こちらhttp://u0u1.net/DB92

ツイッターは
http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな



友だち追加
 

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り1名

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集



 

それでは、また~ 

***************

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談
こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連
こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼
こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 
鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 裏に隠れた眉の本当の悩み。それを解決することが眉ソムリエのお役目です!青森から発信

  2. 誰だってダサいよりはオシャレに見られたい。オシャレとダサいの境界線は?

  3. 顔に青あざがある時

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する