眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

人前で話すとき、これさえできれば大丈夫!

vol.4488

こんにちは♪
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

昨日は講話サポートの日。

明日令和6年7月3日(水)
青森市倫理法人会での
加藤ゆかさんの講話。

持ち時間は35~40分。

長いといえば長いし
かといって伸ばそうとすると
時間が足りなくなる。

話の構成以外にも
話すスピードなど

ちょっとしたことで
話す内容の印象が変わってくる。

ぼくが講話する時に
一番勉強になるからやってみて!と
おすすめするのが録画して
客観的に見てみる事。

自分の話している姿、声を
見るって、しんどいですよね~。
わかるぅ~

ぼくもYouTubeの編集で
話している内容も話し方も
「うわぁ~」って思うことがある。

だけど
何回か見ていると
なんとなく慣れてくることもあるし

伝え方も
徐々に上手くなっていくもの
わかる。

100回の練習よりも
1回の本番で気づいたことの方が
成長は大きい。

ということで
ご自身で気づいたことも含めて
ブラッシュアップしていくことと

ゆかさんは話慣れているからこそ
期待をかけて
さらに良くなるための話し方を
伝えてみた。

あとは
自分の言葉に落とし込む。

こんな偉そうに話しているけど
今朝は弘前市倫理法人会で
”会員スピーチ”という機会をもらって

5分という時間に
話をまとめるんだけど

自分の事となると
めっちゃ迷う。

話すテーマは決まっていても
どの話をするか迷う。

話し終わってみると
もっとこれを話せばよかった。と
反省する部分もあるけど

本番をしてみたからこそ
次に話すときに
どんなことを話せばいいかが
さらにイメージが湧いた。

何か人前で話すとき
緊張すると思う。
原稿を読もうとしちゃうと思う。

だけど
話の最後に自分が感じた事
伝えたいことに

感情を乗せると
言葉の表現以上のモノが伝わる。

どなたでも参加できるから
令和6年7月3日6:00前に
ホテル青森4階でまってますっ❣

会員スピーチ中のぼくの画像は
9割目をつぶっているのが常識です

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉が書けるようになって他人に褒められる

  2. 限界を感じる時は絶望を感じるけど、チャンスです!

  3. 化粧品店って入りくい。入ったら買わなきゃいけない。そんなイメージの化粧品店って何がいいの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する