眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

面倒を見てくれる人の背景を知ったら納得だった件

vol.4434

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

今朝は
青森市倫理法人会の
モーニングセミナー。

今回講話してくれたのは
同じく毎週倫理を学んでいる
青森市倫理法人会の副会長である。
三上亮人(あきひと)さんの講話。

亮人さんは
「なるちゃ~ん、頑張ってるね~」
って笑顔で
いつもぼくに声をかけてくれる。

気さくな人なんだけど
事業はめちゃくちゃ大きく

ぼくには
想像できないプレッシャーが
あるんだと思う。

だけど
気さくに声をかけてくれる。

てっきり
明るい性格の問題なのかな~って
思っていたけど

今日の講話を聴かせてもらって
その理由がわかった。

亮人さんは背が高く
青森県ではバレーボールで
一番強い高校
弘前工業高校に入学したんだけど

寮費や学費を
工面してくれたのはご両親から。

そのお金の工面をどうしたのかを
今から5年前に母親から聞くと

お父さんが田んぼを売って
そのお金でまかなった。

亮人さんの生まれは
稲作が盛んな所の生まれ。

今から3~40年前
お百姓さんが田んぼを売るとは
命以上のものを削る覚悟。

その覚悟を持ってでも
息子の夢を叶えさせたかった。

お父さんの想いを知った後から
亮人さんは親孝行・恩返しするつもりで
今まで以上にがむしゃらに
仕事に励んでいるとのこと。

それ以外にも
上手くいかない時に

たくさんの仲間
知人に助けられて
今があると言っていた。

亮人さんが
こんなにも周りに笑顔で
優しく接してくれる理由は

これまでにしてもらったことが
背景にあるからだと感じた。

亮人さんは
「いつも頑張っているね」と
声をかけてくれることは
すごく有難いこと。

その中でも
ぼくが印象に残っているのが

「なるちゃんのやってみたいことを
 やってみていいんだよ。
 何かあったら盾になる」
と言う言葉。

まだ年齢、経験も浅いし
事業規模も違う。

だけど
多くを経験した人がいると
それだけで
意味が変わってくるのを
亮人さんはわかっているからこそ
いつも声をかけてくれる。

亮人さんだけじゃない。

ぼくの周りには
いつも気にかけてくる
兄貴的存在がたくさんいてくれる。

大人になってから
そんな人に出会えることが

ぼくの人生
良い人生じゃんって改めて思う。

その理由は
不器用ながらにも
挑戦してみるからなのかもしれない。

でも
ぼくが挑戦しているというより
挑戦させられている感じ。

なぜかというと
ぼくの周りに普段はやらないけど
勇気を振り絞って
挑戦している人がたくさんいるから。

その背中を見ると
ぼくも逃げてはいられない!
という感情になって行動する。

人との出会いで人生が変わることを
実感したお一人の亮人さん
ありがとうございました☺

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 化粧品店って入りくい。入ったら買わなきゃいけない。そんなイメージの化粧品店って何がいいの?

  2. 本当の仕事は化粧品を売ることではないですよね?あなたにもあるはず!

  3. これから社会人になる彼女に最後に伝えた事とは…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する